普通のことを普通にする【スピーキング上達のコツ(1)】

英語の上達には、何も奇をてらったことをする

必要は全くなく、ただ「普通のことを普通にする」

だけで、必ず誰もが英語を話せるようになる

ものです。

 

例えば、英語のスピーキング「話し」ですが、

こんなのも別に何か魔法があるというわけでは

ありません。普通に、普通のことをしていれば

誰もが英語を話せるようになるということです。

 

では、英語を話せるようになった人が

実践している「普通のこと」とは一体何でしょう?

それは、まず【あなたが英語で話したい内容を

確認する】ということです。

 

いつも言っていることですが、あなたが

英語を話せないのは、英語力が低いせいではなく、

あなた自身が話したいことをきちんと確認して

いない(知らない)ことが最大の原因なのです。

 

会話で「あなたの好きなことは何ですか?」

とか「休日には何をして過ごしていますか?」

なんて質問をされて、パッと答えられない人が

たくさんいます。これは英語でも日本語でも

同じことです。

 

そういう人は、自分の好きなことが何なのか、

休日に何をして過ごすことが多いのか、自分で

考えたことがありません。だから、急に質問

されると返答に窮するのです。

 

これはあなたが英単語や英文法を知らない

ことが原因なのではなく、ただ単に、あなたが

口に出すことを自分自身でよく分かっていない

だけの話です。

 

そこで、英語スピーキング上達の第一歩、

つまり英語を話せるようになるためにあなたが

まずやるべき「普通のこと」ですが、それは…

あなたが英語で話したいこと(或いは、話す

であろうこと)を徹底的に洗い出すことです。

 

そのために、ノートを一冊用意しましょう。

そこに、あなたが英会話等で話すことを

日本語でドンドン書き出してみるのです。

 

英会話で、相手はどんな質問をしてくるでしょうか。

また、あなたはどんなことを英語で話したいと

思うでしょうか。

 

あなたの想像力を総動員して、さまざまな

シチュエーションごとに、あなたが口にしそうな

ことをドンドン書き出してみて下さい。

 

英語のスピーキング上達のためにあなたが

実践すべき「普通のこと」の一つ目…それは、

あなたが英語で話すであろう内容を徹底的に

洗い出し、確認するということです。

 

次回もこのお話の続きをお送りします^^

お楽しみに!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ