普通のことを普通にしていれば英語は話せるようになる?

 

あなたは、既に英語を話せるようになった

日本人が、何か特殊なことをして英語を

話せるようになったと思いますか?

 

もちろん、英語を話せるようになるためには

ある一定の方法を知って、適切な順序で

英語の学習を行うことが必須です。

 

しかし、だからと言って、何かとても

特殊なトレーニングを行ったり、魔法の

ような「何か」を使って英語を話せるように

なったのか?と言えば、そんなことはありません。

 

そういう魔法のような「何か」を期待して

いる方は残念に思うかも知れませんが、

結局のところ、英語を話せるようになった

人というのは「普通のことを普通にして」

英語力を身につけているのです。

 

つまり、普通のことを普通にしていれば、

誰でも英語を話せるようになるし、聴き取れる

ようにもなる…ということですね。

 

逆に言えば、いつまで経っても英語を満足に

話したり、聴き取ったり出来ない…と

嘆かれる人が多いですが、そんな人たちは、、、

結局のところ「普通のことを普通にしていない」

ということなのです。

 

もっと言えば、そんな「普通のこと」を

「普通に出来ない」から、皆さん困っている

わけですよね^^ 中には「普通のこと」って

一体何?と思われる方もいることでしょう。

 

そこで今回から数回に渡って、このメルマガ

では、一度英語習得の「原点」に立ち返り、

英語学習における「普通のこと」って一体

どんなことなのか、一から詳しく説明したいと

思います。

 

ちょうど季節も春なので、こんな話題が

ピッタリなのではないかと思っています。

ぜひ、明日からの夜のメルマガを楽しみに

していて下さい(永久保存版ですよ!)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ