英語を話せる日本人に共通する、恐るべき思考回路とは?

 

英語を話せるようになる日本人と

いつまで経っても話せるようにならない日本人…。

両者の間には色々な違いがありますが、

決定的な違いの一つが、その「思考回路」に

あるのではないかと思います。

 

簡単に言ってしまうと、

英語を話せるようになる日本人というのは

程度の差はあれ、皆一様に「私ってスゴイ」と

思っています(笑)

いえ、コレ、本当の話なんです。

 

英語を話せるようになる人って、心のどこかで

必ず自分のこと「スゴイ」って思っています。

別の言葉で言えば、自信があるということ。

 

一方で、いつまで経っても英語を自由に話せる

ようにならない人、確信を持って聴き取れるように

ならない人というのは、常にどことなく不安げで、

オドオド、クヨクヨしている所があります。

 

自分のことを「スゴイ」なんて口が裂けても

言えない…。私なんてダメ。俺なんかどうせ…。

そんな自虐的・自己否定的な思考回路の人は、

なかなか思うように英語力を身につけられないかも

知れません。

 

しかし、それでは自分のことを「スゴイ」と

思っている人は、実際「スゴイ」のでしょうか?

私はそんなことは無いと思います。もちろん、

中には本当に「スゴイ」人がいるのでしょうが…。

 

ただ、大半の人は「スゴイ」と自分で思い込んで

いるだけです。根拠のない自信を持っているだけ、

なんです。でも、この「根拠のない自信」って

本当に重要で、自信がなくても「自分はスゴイんだ!」

って思っていると、本当にスゴクなってくるから

不思議です。

 

英語を話す時も、自分なんか絶対ダメ。話せないし

聴き取れるわけがない…と思っている人は、

絶対に英語力が上達しません。しかし、話せなくても

「大丈夫、私はスゴイんだから!」と思っていると

あら不思議、本当に話せるようになるんですよ。

 

これ、単なる精神論ではないですよ。

本当に、英語を話せるようになる人というのは、

そういった思考回路になっているんです。だから、

あなたが英語を話せるようになりたい、聴き取れる

ようになりたいって、心底思っているなら思考回路を

変えてやればいいんです。

 

英会話の時、一つでも外国人の言っていることが

理解出来たら、ひとこと自分に向かって言って下さい。

「俺ってスゲーな!」^^

また、外国人に対して一つでも言いたいことが

言えたら、ひとこと自分に向かって言って下さい。

「あたしって天才?」^^

 

英語の上達のコツって結局そういうことなんです。

単語を暗記するとか、文法を勉強するとか、

そういうことも大切ですが、もっと重要なのは

自虐的・自己否定的な思考回路を「自分はスゴイんだ!」

という思考回路に変えていくということです。

 

これが出来れば、英語の習得は半分成功したも

同然だと思って下さい^^

それでは、どうぞ楽しい週末を!

 

 

追伸:

というわけで、あと2時間ちょっとで終了です!

ぜひ一緒に映画を使った英語の学習を実践しましょう^^

あなたからの参加表明を心よりお待ち申し上げます。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english-2016/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ