正しい英語を話そうとする自分と決別する唯一の方法

 

メルマガの読者でもあり、私のメール講座の

熱心な受講生でもある方から、以下のご質問を

頂きました:

 

「最近、自分のスピーキング力の無さを痛感しました。

正しい英語を話そうとする自分がいて、その厚い壁を

破ることが出来なくてもがいている感じです。もっと

楽に構え、間違えても良いから沢山話した方が良いのは

分かっているのですが、中々出来ません。どうすれば、

もっと楽に英語を話せるようになれるのでしょうか。

良い方法があれば、教えて下さい。」

 

なるほど、「正しい英語を話そうとする自分」

というのはなかなか手強い敵ですね^^

これ、結局のところ「カッコつけてしまう自分」

との戦いと言えます。

 

確かに、ビジネス上の英会話などでは

「間違えてもいいから…」と言われても、

間違えて大変なことになっても困りますし^^;

出来るだけ正しい英語を話したいものです。

 

しかし、間違えないように、正しい英語を…!と

思えば思う程緊張してしまい、かえってヒドイ

間違いをしたり、恥をかいたりするものですね。

 

で、結局これは自分との戦いということなんですが、

やっぱり「自分を良く見せたい!」という気持ちが

強い人ほど、正しい英語に固執する傾向があります。

もっと言えば「バカにされたくない」という気持ち

ですね。

 

これって、完全に自分の方で「構えて」しまって

いるんですよね。ガチガチにガードして、

絶対に弱みを見せないぞ!と肩肘張っている状態

というわけです。

 

しかし、所詮英語なんてただの言葉ですよ^^;

正しい言葉も何もなくて、ただ、相手と円滑に

コミュニケーションが出来れば良いわけです。

 

そういう意味では、アメリカ留学中に出会った

日系人のオバちゃんたちはすごかったです。

もう本当にメチャクチャな英語(ほとんど

英語に聞こえる「日本語」)で話しているんですが、

ネイティブたちと対等に渡り合っていました。

 

ああいうのを見ると、果たして「正しい英語」って

一体何?と思ってしまいますし、正しい英語に

こだわりつづける故に英語がうまく話せないなんて

本末転倒だって、本当に思います。

 

じゃ、どうすれば良いのか?という話なんですが、

これはもう【恥をかく】ようにした方がいいです。

「正しい英語」云々で悩まれている方は、大半が

恥をかき切っていません(変な日本語ですが^^;)。

 

別の言い方をすれば「恥の絶対数が足りていない」

ということですね。もっともっと、メチャクチャな

英語を喋って、恥をかいて、笑われて、顔から

火が出るような思いをしないと、英語なんて話せる

ようにならないのです^^

 

私なんか、どれだけ穴があったら入りたい!と

思ったことでしょう。「恥の多い生涯を送って

来ました」と言ったのは、かの太宰治ですが、

確実に私の方が恥の数は多いですね(笑)

 

恥をかくのが厭だから、正しい英語を!なんて

言っているうちは、まだ英語なんて先の先の話です。

そうではなく、もっとズケズケと、自ら進んで恥を

かくのです。そうやって、厚顔無恥の状態になって

初めて「正しい英語云々」を語れる身分となります。

というわけで、私からのハードなアドバイスは…

 

【恥をかけ!話はそれからだ】ということでした^^

実際「恥の数」はあなたの英語の勲章の数なんです。

だから、安心して恥をかいて下さいね!

 

 

追伸:

明日、日中の号外で

「映画で英語力を身につける講座」の

春一番!特別限定募集キャンペーンの告知を

お送り致します。この春、洋画を観ながら

楽しく英語の勉強を始めてみたい!という方は

絶対に、絶対に、絶対に見逃さないで下さい^^

超お得なキャンペーンです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ