なぜ大した勉強もしていないのにスコアアップ出来るの?

面白いことに、同じように TOEIC(R)テストの

準備・対策を行っていて、ある人は短期間で

ドカーンとスコアアップを達成出来るにも関わらず、

ある人はなかなか上がらない…ということが

往々にしてあります。

 

そんなことを知らずに、一生懸命勉強しても

なかなか結果を出せないと悔しいものですね。

一体、両者の間にはどんな「違い」がある

のでしょうか?

 

まず、スコアアップを短期間で達成出来る人は

ちょっと狡賢い方法を使って問題を解いています。

もちろん、狡賢い方法といってもカンニングを

するわけではありません(笑)

 

簡単に言ってしまえば、正解を選択できる

「必要最低限の情報」だけをうまく抽出する

スキルを巧みに使って問題を解いているという

ことです。故に、時間と労力を大幅にセーブ

出来ているのです。

 

一方で、なかなかスコアアップを達成出来ない

人は、真正面から問題を解いてしまっています。

もう全力疾走の状態です^^; すべての英語音声を

真剣に聴き取り、すべての英文を真面目に読んで

しまいます。故に、いつも時間と労力が一杯一杯

の状態になってしまうということです。

 

実際、TOEIC(R)テストで高得点を取って

いる人は、正攻法で問題を解いていません。

すべてパターンとか、この問題の時はこれが

アヤシイ…といった解法のコツを熟知している

のです。

 

だから、当然ながら英語音声なんかほとんど

聞いていませんし、英文も必要な箇所だけ

目を通して正解を選んでしまいます。ある意味、

それは「受験英語」のスキルでもあります。

 

TOEIC(R)テストで高得点を取っても

実際には英語を話したり、聴き取ったり出来ない

という人が多いのはそのためです(だからといって

TOEIC(R)テストがダメと言っているのでは勿論

ありません)。つまり、完全な「攻略力」の

問題ということです。

 

特に、2016年5月からTOEICの出題形式が

大幅に変更となります。そういう変更があれば、

先に情報を知ってどういう準備・対策をすれば

良いのか、きちんと把握しておくことも

「攻略力」の一つと言えます。

 

逆に言えば、そういう「攻略力」をないがしろ

にしている人は、、、残念ながら、いくら

正攻法で勉強してもそれなりの結果しか出す

ことが出来ません。

 

もしあなたが、会社や仕事、就職や転職などで

とりあえずスコアアップだけする必要がある…

しかし、どうやって勉強したらいいのか全く

わからないとお悩みでしたら、ぜひこの講座に

参加してみて下さい。

 

新公式問題集を使って、この問題のパターンは

どうだとか、こういったケースは○○がアヤシイ…

といった TOEIC(R)テスト攻略の詳しいノウハウを

毎回テンコ盛りでお送りしています。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/toeic_2016/

 

ぜひ、パズル・クイズ感覚で、一緒に楽しく

TOEIC(R)テストの攻略法を学びましょう!

* なお、受講生の募集は今夜で締切です。

再募集の予定は当分ありませんのでご留意下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ