英語の勉強、何でもやればイイってもんじゃないです

毎年1月は「今年こそ英語の勉強を始めます!」

という英語の決心メールを読者からよく頂きます^^

私はこの決心メールが大好きで、本当に心から

「頑張って下さいねー!」と叫びたくなるのですが、、、

 

ただ、これから新たな気持ちで一年間英語の

勉強をやるぞ!という決心をされるにあたって、

あなたに少し意識しておいて頂きたいことがある

のです。

 

それは、英語の勉強なら何でもいいから

やればいいというものではない…ということです。

つまり、「やり方」は適切に選んだ方がいいですよ、

ということですね^^

 

例えば、これから英語の勉強をしっかりと

始めよう!と決心された方が、よく文法書とか

問題集なんかを買ってきて勉強を開始される

わけですが、そんなのは「受験英語」の勉強の

仕方なんですよね。

 

もちろん、英検とかTOEIC とか、いわゆる

試験の英語、受験英語的な目的であれば

それでも構わないのですが、もしあなたが

「英会話の上達」を目標に、今年一年英語の

学習を実践しよう!というのであれば、、、

 

いわゆる教科書的な知識の詰め込みよりは、

より実践的な英会話の学習をメインに行う

ようにした方が良いです。

 

それは例えば、あなたが実際に英会話で

口にするような表現を英作文する勉強であったり、

それを音読してみるトレーニングであったり、

要するに目的にあった勉強内容を選ぶことが

大切!ということです。

 

そこで、これから英語の学習を始めます!

という決心をされた方は、実際の学習を開始

する前に、あなたの英語の目標の内容を

再確認された方が良いです。

 

それは「英会話上達」なのか?

あるいは「英検・TOEIC」なのか?

はたまた「洋画を字幕なしで観ること」なのか?

「海外旅行で外国人と話せるようになること」なのか?

 

まぁ、色々と目標はあると思いますが、

それぞれの目標にあった、適切な英語の学習を

行うということが何よりも大切ですね^^

今年も張り切って英語の学習を続けましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ