英語リーディングのコツは「シックリくる」かどうか

最近はずーっと英会話のコツとか秘訣の話

ばかりお送りしていましたので、今日は

久しぶりに「リーディング」のノウハウについて

お話ししましょう^^

 

英語のリーディング、すなわち「読み」の

スキルですが、これは全ての英語力の基本と

言われているものです。実際、「読み」を

中心としたインプット・トレーニングは英語力の

土台を築くのに最適の学習と言えます。

 

で、タイトルの「シックリ」ですが^^

英語を読んでいると「なんとなくシックリ

こない…」と感じる時がありませんか?

 

「シックリこない」というのは、つまり

英文の解釈に違和感を覚えるということですが。

実は、そのような「シックリこない」時、

十中八九、あなたの英文の解釈に問題があると

考えた方が良いです。これは経験上言えること

なのですが、英語も言葉である以上、何となく

おかしい、違和感を覚える…という時には、

どこかで誤訳とか、勘違いがあるということ

なんですね。

 

そこで、あなたが英文を読む時はそんな

違和感、シックリこない感覚に敏感になって

読み進めるようにすると良いです。少しでも

何だか変だな、おかしいなぁ…と感じた時は

必ずどこかに解釈上の間違いがあるからです。

 

こういう「感覚的」なものはとても大切で、

英語のリーディングというと単語とか文法といった

表面的な部分に目が行きがちですが、実は

あなたの五感とか、何だか変だな…と感じる

センスがとても役立つのです。

 

英語のリーディング・トレーニングを行う際は、

ぜひ、そんなことを覚えておいて下さい^^

 

追伸:

ところで、こんな面白い(笑い転げちゃう)

英文を読みながらリーディングの練習をして

みたくありませんか?毎回、本当におかしい

英語のジョークとか笑い話を題材にしています。

お笑い好きの方は是非ご参加下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/owarai_english_win16/

* 真面目な性格の方はご遠慮下さい(笑)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年1月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ