英語なんか日本じゃ必要ない!と開き直ると良い?

なかなか英語が話せるようにならない、、、

聴き取れるようにならないと嘆かれている

あなた。

 

一度開き直って「英語なんか必要ない!」と

大声で言ってみて下さい。「ここは日本だ!」

「日本に来ている外国人が日本語を話せ!」と、

大声で怒鳴ってみるのです(笑)

 

こんなことを書くと、英語を教えている人が

また変なことを言うな…と思われるかも

知れませんが、私自身ハッキリ言って日本では

英語なんか必要ないと、本気で思っています。

 

だって、日常生活で英語が話せなくて

困ることがありますか?そんなことより、

日本語を勉強した方がよっぽど役に立ちます。

 

そうなんです、実は英語なんてまったく必要ない、

ただの「オマケ」なんです。だから、あなたが

英語を話せなくたって、聴き取れなくたって

何も困らないし、誰も困らないんです。

 

で、そう考えると何だかスッキリしてきませんか?

特に、英語が話せないことで悩んでいる人、

英語を聴き取れないで悩んでいる人なんかは、

「そっか、別に英語が話せなくても聴き取れなくても

誰も困らないんだよな」と思えれば、シメタもの。

 

人間は、「こうしなければいけない」という

縛りや緊張があると、どうしても本来の力を

引き出せないものです。だから、英語の必要性を

一度無くしてみる。英語なんか話せなくてもいいし、

聴き取れなくてもいいと思ってみるわけです。

 

すると、話せても話せなくてもどっちでも良い…

聴き取れても聴き取れなくてもどっちでも良い…

という「心の余裕」が、あなたの英語パフォーマンス

をグッと押し上げてくれます。

 

これ、別に信じなくてもいいですからね(笑)

信じたくない人は信じなくていいです。ただ、

経験上、私は「英語なんでどうでもいい」という

スタンスで来ましたので、それで普通に英語を

話せるようになりました。

 

しかし、世の多くの人は「英語を話せなければ

いけない」「聴き取れなければいけない」と

感じていて、それで実際に英語を話せるかと言えば、

決してそういうわけではないのです。

 

つまり、心に余裕が無いんですね。もう絶対に

話せないといけないと思っている。聴き取れないと

死んじゃうと思っているんです。だから、余計に

話せないし、聴き取れないというわけ。

 

「英語なんかどうでもいいよ」

「英語なんか日本で話せなくても誰も困らない」

…のように、一度開き直って英語を突き放して

みて下さい。すると…英語力に大きな変化が

表れますよ。これ、本当の話なんですから^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ