理論ではなくネイティブの慣用表現を真似るのがベスト

ちょっと前に、アメリカ人の友人(日本語

ペラペラですが^^;)と面白い話をしたことが

あります。

 

それは、なぜ日本人は英語を自分で組み立て

ようとするのか?という話です。彼によると、

外国人(ここではアメリカ人ですが)が

日本語を学ぶ時は、日本人が使っている言葉や

表現をそのまま真似することが多いそうです。

 

つまり、自分で日本語を組み立てて、何かを

話そうとするのではなく、既に一般の日本人が

日常会話で使っている語句や表現をそのまま

オウムのように真似て(まさに「音」だけを

真似て)覚えてしまう…ということですね。

 

これは本当に理に叶っているわけですが、

どういうわけか日本人はそういう言葉の学び方を

せずに、細切れの「英単語」をたくさん覚え、

それを「英文法」という接着剤で組み立てて

覚えようとします。

 

そうやって作り上げた英語(英文)は

確かに英文法には合致しているので、間違った

表現とは言えないのですが、実際のネイティブの

会話ではあまり使わない表現だったりする為、

何となく不自然だったり、時には相手に誤解を

与えてしまったりするのです。

 

例えば、日本に遊びに来ている外国人に、

「なぜ日本に来たのですか?」という動機を

尋ねるような時、日本人であれば「なぜ」= Why、

「日本に来たの?」= did you come to Japan?

といった英文を作りがちです。

 

実際これは、英文法にも合致していますし、何の

問題もない英語です。しかし、日本に遊びに来た

外国人に Why did you come to Japan? と尋ねると

少し失礼な(乱暴な)感じに聞こえるかも知れません。

 

なぜなら、そういう時にネイティブ・スピーカーは

What brings you to Japan? とか、

What brought you to Japan? といった表現を使う

のが「一般的」「自然」だから、です^^

 

事実、Why did you come to Japan? の方は

「一体なんで(わざわざ)日本に来ちゃったの?」

的な響きがあるので、不自然なだけでなく限りなく

非礼な感じに捉えられる可能性さえあります。

 

で、こういうのは「なぜ?」とか「理論的に説明

して下さい」と言われても難しいんですよね。

なぜなら、ネイティブ・スピーカーに「だって、

普通はそう言うんだもん」と言われたらそれまで

だから、です(笑)

 

Why did you come to Japan? でも文法的には

まったく問題ないですが、ネイティブは

What brought you to Japan? という表現を

一般的に使う。それなら、そっちに従うというのが

ベストというわけですね。

 

そして、そんな英語の自然な表現をたーくさん

学ぶことが出来るのが、今回の新講座です!

私自身もかなり気合を入れていますし、2016年

一番の英会話プログラムにしたいと考えていますので、

ぜひこの機会に「スターティング・メンバー」

としてご参加下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onkan_chokkan_eikaiwa/

 

 

追伸:

先行割引は残り24名のみ。人数に達しますと

一旦募集は全て締め切らせて頂きますので

ご了承下さい(通常料金での募集再開は今のところ

未定です)。年明け早々先延ばしにせず、ぜひ

新年の「気合い」と共に参加して下さい^^

今年も一緒に頑張りましょう!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onkan_chokkan_eikaiwa/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年1月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ