既に英語を話せる日本人がコッソリやってる裏ワザ

 

既に英語を話せる日本人がペラペラと

英語を話しているのを耳にすると、

何だか本当に、よくそんなに色々なことを

長々と、流暢に英語で話せるな~と感じられる

かも知れません。

 

特に英語の初心者・ビギナーからすると、

そんなバイリンガルの日本人はとっても

羨ましいものですね。私も、かつてはそんな

バイリンガル日本人に憧れたものです^^

 

しかし、自分が英語を話せるようになると、

実際には彼らが大したことを話していない

ということがよく分かるようになります。

 

ちょっと意地悪なことを書きますと…^^;

英語をペラペラと話している日本人の多くが、

実は同じような英語の定番表現、慣用表現、

あるいは相槌であったり、間投詞であったり…

を、巧みに組み合わせて口に出しているだけ

なのです。

 

つまり、英語を話せる人というのは、

核心の部分はさほど大したことを口にして

いないのですが、定番表現や慣用表現、相槌、

間投詞などを「英語らしく」組み合わせて

表現するスキルを身につけているということです。

 

ただ、英語の初心者やビギナー、まだ英語を

十分に話すことが出来ない人からすると、

そんなカラクリをよく分かっていないので、

何だかとっても難しい英語を話しているような

気がして、「すげえなぁー」と感心してしまう

というわけですね^^

 

これは英語の表現の「長さ」にも言えることで、

英語の得意な人やネイティブ・スピーカーは

長々と英語を話しているような気がしますが、

よくよく話している内容を分析してみると、

実は短いフレーズを巧みに組み合わせて、長く

聞こえるように話しているだけ…ということが

わかります。

 

したがって、最初から長々と英語を話せるように

なることを目標にする必要はありません。まずは、

短い表現で構わないので、定番表現、慣用表現を

パッと口から出せるようになりましょう。

 

そして、そのような定番表現や慣用表現に

相槌や間投詞的な語句を散りばめて、巧い具合に

「英語らしく」話せるスキルを身につけるように

します。これが、英会話上達の極意ということ

なのです。

 

追伸:

そんな英会話上達の極意を、文法や単語の暗記

といった面倒くさい勉強を一切排除し、感覚的に

身につけることが出来る新プログラムにあなたも

参加してみませんか?

 

今なら新春キャンペーンで先行募集割引の特典に

間に合います。昨夜からどんどん参加者が増えて

いますので、このチャンスに乗り遅れないで下さい!

2016年、今年こそ英語ペラペラになりましょう^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onkan_chokkan_eikaiwa/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ