日本語で英文法の議論をしても、結局はコレが勝つ

 

随分前の話ですが、英文法が得意な日本人が

二人でずーっと言い争っていたのです。

 

「この動詞は○○の□□用法だから云々…」

「いいや、この場合は△△用法だから云々…」

「いや、違うよ、この分からず屋!」

「何だと、お前こそ、このオタンコナス!」

 

そこへ現れたネイティブ・スピーカー。

「あのさー、そんなのどっちでもいいんじゃね?

俺ら、フツーそんなの使い分けてねーし。」

 

それを聞いて白熱した議論を交わしていた

日本人二人は、何となく気まずい雰囲気に…^^;

 

しかし、実際こういうことって多いんです。

私のメール講座でも、受講生からの質問の

半分以上が細かい文法に関するもの。

 

中には、私もよく分からないような文法の

超難関の質問をされる方もいらっしゃいます。

そこで、私の知り合いのアメリカ人通訳者に

尋ねてみるのですが…

 

果たして、上述の「どっちでもいんじゃね?」

という返しを受けることが多いのです^^;

そうなんです、ネイティブ・スピーカーから

すると、そんな細かい文法の違いなんて、

本当に「どっちでも良い」ということが多い

のです。

 

もちろん、だからと言って英文法を軽視しろ

と言っているわけではありません。ただ、

あまり気にし過ぎることはないですよ~と

言っているのです^^

 

特に、英語圏の ESL の問題とか、解説を読んだり

聴いたりしていると、本当にその感覚がよく

分かるようになります。それは日本語で文法書の

難しい解説を読みながらウーン、ウーンと唸って

勉強しているのがバカバカしくなるほど。

 

だから、あなたももっと自由に、楽しく、

肩の力を抜いて英語の勉強をしてみませんか?

 

ネイティブ・スピーカーたちが使っている

生の英語そのものを学ぶことが出来るのが、

ESL プログラムです。そして、その ESL プログラムを

日本にいながらにして、メールで学習することが

出来るのが、この講座。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newesl_christmas/

 

ぜひ、このクリスマス限定キャンペーンの

チャンスに、あなたもご参加下さい^^

積極的なお申込みを心よりお待ちしております!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年12月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ