ビギナーこそナチュラル・スピードの英語を聴こう!

英語のリスニングの練習というのは

非常にデリケートな所があります。

特に、聴き取りの練習に使う素材(英語音声)

のレベル選びには細心の注意を払う必要が

あるのです。

 

多くの英語学習者は、英語の聴き取りの

練習を行う際に、ある程度聴き取れる、

比較的簡単な英語音声を選ぶ傾向が

あります。

 

なぜなら、全く聴き取れないと

練習していても楽しくないからですね。

サッパリ聴き取れないのに、どうやって

トレーニングを続ければ良いの?と感じて

しまうのです。

 

しかし、実はその考え方は間違っていて、

多少聴き取れなくても、まずは我慢して

聴き取る姿勢というか、習慣のようなものを

確立させる必要があります。

 

これは、留学生が英語圏に渡り、そこで

最初はまったく聴き取れなくても、徐々に

英語が聴き取れるようになるプロセスと

まったく同じです。

 

ただ、日本で英語の勉強をしている上では、

特に初心者は聴き取れないと、それだけで

「もうイヤだ!」と感じてしまい、

もっと簡単な英語音声はないかな~?…と、

比較的スローで聴き取りやすい英語の音声

素材を選んでしまいがちなのです。

 

ところが、英語のリスニング力というのは

ある程度の「負荷」がかからないと絶対に

向上しません。これは筋トレと同じことで、

軽いダンベルを使ってトレーニングを続けても

筋肉はつかないのです。

 

そこで、初心者こそ、いわゆる「ナチュラル・

スピード」の英語音声を聴いてトレーニングを

行って頂きたいと思うのです。もちろん、

初心者にとって聴き取れない英語はかなり

苦痛に感じるかも知れません。

 

しかし、その苦痛を我慢して、1ヶ月でも

ナチュラル・スピードの英語を耳に入れ続けると…

不思議なことに耳が速い英語に慣れてくるように

なります。その状態でさらに負荷をかけ続けると、

ある時急激に英語が聴き取れるようになる

「ブレーク・スルー」を感じる瞬間があるのです。

 

そのためにも、初心者こそ果敢にナチュラル・

スピードの英語に挑戦して頂きたいと思います^^

そんなナチュラル・スピードの英語を使って

楽しく、笑いながらリスニングの練習が出来るのが

この「7ステップ式リスニング・トレーニング」

なのです。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/how_to_listen_15w/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年12月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ