英語をドンドン書いて覚えてスピーキング力UPしよう!

 

英語を自由自在に話せる人を見ると、

本当に、なぜこの人はこんなに簡単に、

楽しげに、まるで「水を得た魚」のように

活き活きと英語を話せるんだろう…?と

思ったことがあるのではないでしょうか。

 

私自身も、かつては英語なんて全く

話せませんでしたから、周りでそんな

英語の達人を見ると羨ましくて仕方が

ありませんでした。

 

しかし、自分が英語を話せるようになると、

英語を話せる日本人が陰でどんな努力を

しているのか、そのカラクリが分かるように

なったのです。

 

そのカラクリの一つが、自分が話す英語を

あらかじめしっかりと準備しておく…

というものです。これは、英語を話せる人が

必ずやっている基本中の基本と言えます。

 

一方で、英語がなかなか話せない…と

嘆く人に限って、自分が話す英語を準備して

いません。常に、「出たとこ勝負」で、

英会話の際に頭の中で話すことを考えながら

英語を口に出そうとします。

 

故に、その場で自分が話すことを日本語で

思い浮かべ、それを英語に訳しながら話そう

とするので、レスポンスに時間がかかって

しまうのです。

 

会話というのは、キャッチボールそのもの

ですから、自分が話すことをウーン、ウーン…

と唸りながら考えていれば、相手もシラケて

しまいますよね^^;

 

日本人の場合は真面目な人が多いので、

頭の中で英作文をしながら、英文法が間違って

いないか?とか、この単語でいいのか?とか、

余計な細かいことばかりに捉われて、さらに

英会話のテンポが悪くなってしまいます。

 

そこで、もしあなたがスムーズに英語を

話せるようになりたいのであれば、絶対に

自分が言いたいこと(話したいこと)を

先に確認し、出来ればノートにでも書き出して、

それを予め英語に訳し、頭に入れておくことを

徹底してみて下さい。

 

もちろん全ての英会話を、予め準備していた

セリフでカバー出来るわけではありません。

しかし、準備をしている、していないでは、

あなたのスピーキング力に天と地の差が出ます。

 

極端な話、あなたが話したいと思うことを

日本語で確認しておくだけでも、随分違って

くるものです。出来れば英単語を調べ、

さらに余力があれば英文にして覚えておくと

良いです。これは騙されたと思って、ぜひ

一度試してみて下さい^^

 

 

追伸:

ただ、自分で書いた英文が果たして正しいかどうか

わからない、自信がない…という人はぜひこの

スピーキング力UP講座に参加下さい。私・渡邉が

英会話(口語)の観点から、あなたの英文が自然か

自然でないか、しっかりと添削してアドバイス致します^^

残り3名、またはあと5時間で終了です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/easy_speaking_15w/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年12月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ