英語でネガティブな気持ちに陥らないようにする方法

人間、生きていれば感情の浮き沈みは

誰にでもあります。今日はゴキゲンでも、

明日はズーン…と底に沈んでしまうことは、

誰にだってあることです。

 

ただ、あなたもお気づきとは思いますが、

人間はどちらかと言うと「ネガティブ」な

気持ちに陥りやすいものです。どんなに

明るく振る舞っている人であっても、

家に帰れば一人でシュンと落ち込んでいる

可能性があります。

 

まぁ、否定的な感情というのは、そもそも

私たちが危険な目に遭わないようする為の

防衛本能的な感情なので、それ自体悪いものでは

ありません。

 

例えば、何でもかんでも Yes! と言い続け、

(そういえばそんなコメディ映画がありましたが^^)

行動にブレーキを一切かけなければ、時には

危険な目にも遭う可能性があります。

 

そこで、行動にブレーキをかけるために、あなたの

頭が「やめておいた方がいい、どうせ失敗するから」

とか「気をつけた方がいい、悪いことが起きるかも」

といったネガティブ信号を発する…というわけですね。

 

ただ、このネガティブ信号も、適度であれば

問題ないのですが、人によっては非常に過剰に

「ダメだ」「出来ない」「絶対無理~!」のように

人の行動を抑制してしまうことがあります。

 

それによって、新しいことに挑戦出来なかったり、

常に否定的な思考ばかりしてしまい、前に進めなく

なってしまったり…という悪影響が出るのです。

 

これは英語にも言えることで、ネガティブ信号が

強過ぎると「間違えるんじゃないか」と心配に

なって英語を堂々と話せなくなったり、あるいは

「絶対に聴き取れない!」と思い込んでしまい、

本来は聴き取れる簡単な英語でさえ聴き取れなく

なってしまったりします。

 

で、長くなりましたが、どうすればこのような

過剰なネガティブ信号を抑えることが出来るか?

ということですが、そのためには、逆にあなたが

どのような時に「ポジティブ」になっているのか、

その状況とか条件を思い出してみると良いです。

 

例えば私は、特定の音楽(曲)を聴くと、非常に

元気が出ます。またはアロマテラピーの香りとか、

何らかの「ポジティブになれるトリガー」というのが

いくつかあります^^

 

そこで、あなたが「元気」「ポジティブ」になれる

時のきっかけ(トリガー)を探してみて下さい。

お子さんがいらっしゃるなら、その可愛い笑顔を

見ると元気になれるとか、これは人によって色々と

あるかと思います。

 

そして、少しでもネガティブ思考に陥っているなーと

感じたら、意図的に自分の感情をコントロールする

ように習慣付けるのです。このコントロールは、

ある意味「慣れ」ですので、しばらく訓練すると

いつでもポジティブになる体質になれますよ^^

ぜひ試してみて下さい!

 

追伸:

というわけで、今年最後の募集なので、

ぜひ「ポジティブ」になってご参加下さい~!

あなたのご参加を心よりお待ち申し上げます^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/easy_speaking_15w/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ