要約とパラフレージングの技術って?

今日は「パラフレージング」と「要約(サマリー)」のお話。
アメリカの語学学校なんかでライティングのクラスがあるわけですが、

そこで何度もやらされるトレーニングが、この「パラフレージング」と

「要約(サマリー)」というやつです。
特に、大学などで論文(リサーチペーパー)を書く上で、パラフレーズ

と要約の書き方はとっても重要なスキルなんですね。

だから、ライティングのクラスでは「これでもか!これでもか!」と

いうくらい何度も何度もこれらのスキル・トレーニングを行います。
簡単に言ってしまうと、パラフレーズというのは、ある英語の文があった

として、それをまったく違う別の語句や表現を用いて、同程度の長さの

文に書き換えるスキルを指します。

ただし、これには色々な定義があるようですので、厳密に何がパラ

フレーズで、何がパラフレーズじゃないのか、というような点は私も

よく分かりません。

ただ、英語の原文を読み、それを自分の言葉や表現で別の言い方で

「分かりやすく」表すことをパラフレーズと言い、ライティングでは

特に重要なスキルとされるわけです。
また、「要約」を書くトレーニングもライティングのクラスではよく

やらされましたね~(^^;

これはパラフレーズというよりは、例えば1000ワードの原文があったと

して、それを300ワードとかに短くまとめることを指します。
この時、自分の表現を使ってパラフレーズをしながらまとめる場合と、

原文の表現をそのまま引用して「要約」をまとめる場合とがあります。

ただ、この「要約」スキルについては、はじめのうちは短くまとめる

ことがいかに難しいか、よくわかると思います。
もともとの文章がシンプルであればあるほど、それを更に「要約」する

ことはとても難しいんです。

次回は、これらの二つのスキルをさらに詳しく解説させて頂きますね!

 
私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ