「英語」ではなく「内容」を聴き取るのがコツです

ちょっと前に、東京で少人数のセミナー

(というか勉強会)を開いた時のこと…。

 

なかなか英語が聴き取れないという人に、

キーワードだけを拾って、そこから内容を

推測するというワークをやってもらったことが

あります。

 

それまで、その方は英語の音声をすべて

ディクテーションするように一語一句逃さず

厳密に聴き取りを行っていました。かなり

神経質な性格だとご自身でも言われてましたが^^;

 

ただ、ゆっくりとした英語であれば、

そんな聴き取り方でも内容が聴き取れないという

ことはないんです。むしろ、丁寧に聴き取る

わけですから、かなり正確に内容を把握する

ことは出来ます。

 

しかし、それはスローな、初心者向けの

英語音声に限ります。少しでもスピードが

速くなったり、いわゆるネイティブ・スピーカー

のナチュラル・スピードの英語音声ですと

途端に聴き取れなくなります。

 

例えば、映画とか海外ドラマの英語音声などは

まさにナチュラル・スピードの英語ですから、

全てを聴き取ろうとするとかなり厳しいものが

あります。英会話においても、相手が容赦なく

ハイスピードでまくし立てるともうアウトですね。

 

そのセミナー(勉強会)では全てを厳密に

聴き取るのではなく、耳に残った(印象深い)

キーワードだけを出来るだけ多くメモして

下さいと伝えて、聴き取れたキーワードと

英語音声に関する前情報(背景知識)のみを

教えて内容を推測してもらったのです。

 

すると、あんなに聴き取れない!と嘆かれていた

方が、自分で驚かれるほど英語を聴き取れるように

なりました。従来のやり方と、キーワードのみの

やり方の二つを試したのですが、その差は歴然。

 

ただ厳密に言うと、それは「英語」を聴き取った

のではなく、「内容」を聴き取ったということ

です。この違い、わかりますか?^^

 

そうなんです、英語のリスニングのコツは、

「英語」を聴き取ろうとするのではなく

「内容」を聴き取ろうとするということです。

 

この違いについてどうか理解して下さい。

英語のリスニングが苦手な人は、どうしても

「英語」という表面上の情報ばかりを追って

しまいます。しかし、リスニング(聴き取り)

というのは表面上の情報だけが全てではない

ということです。

 

聴き取れたキーワード、事前情報、常識、

想像力、相手の表情や話し方、ジェスチャー

その他すべての情報とあなたの感覚・センスを

総動員することでリスニング力は最大限に

高められるということです^^

 

 

追伸:

というわけで、リスニングとは関係ないですが^^

こちらの講座、残り4名ですから今すぐに

申し込まれた方がいいですよ~。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eigo_de_kasego_w15/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年12月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ