こんな感じで英語を勉強してみるといいですよ

今日はちょっと時間がないので、

単刀直入に英語の各スキルについて、

どのような勉強・トレーニングをするのが

ベストなのかお話しさせて頂きます^^

 

■ 英文法と英単語:

英文法と英単語については、それだけを

単体で勉強せずに、英語の読み・書き・

話し・聴きといったそれぞれの練習の中で

出会った語句・表現、文法事項をその都度

調べて勉強したり、例文ごと覚えると良い

です。ただし、中学校で習うような本当に

基礎的な語彙・文法については先にまとめて

集中的に勉強することをおススメします^^

 

また、難しい単語や文法等の知識に捉われ

過ぎないことも大切です。一般の英会話では

それほど難しい語句・表現は使いませんし、

難解な文法知識があっても実践英語では何の

役にも立たないことが多いです。趣味で

英文法の勉強をしているなら構いませんが、

そうでなければ「ホドホド」で止めておくのが

ベストです。

 

■ 読み・聴き(インプット系スキル)

英語の「読み」「聴き」は全ての英語学習の

基本だと思って下さい。なぜならインプット

して初めて英語を理解し、またそれによって

表現をすることが出来るようになるから、です。

 

読み・聴きの練習では、教科書や教材のような

「作られた英語」ではなく、実際に英語圏の

ネイティブ・スピーカーたちが日常生活で

目にしたり、耳にしたりしている「生の英語」を

学習素材として使うようにして下さい。

 

具体的に言えば、英語圏のウェブサイト記事

であったり、YouTube 等で視聴出来る英語音声

の動画などを使うのが理想です。そのような

「生の英語」を読んだり、聴き取ったりして

新しい語句・表現をどんどん抽出して覚えて

いきましょう。

 

■ 書き・話し(アウトプット系スキル)

インプット系スキル同様、英語の書き・話し

といったアウトプット系スキルもとても重要

です。特に英語を「書くこと」は、あなたが

確実に英語を理解していないと絶対に出来ない

スキルなので、最終的な英語力の仕上げには

必要不可欠のトレーニングとなります。

 

また英語を「話すこと」すなわちスピーキングも

英会話上達においては不可欠のトレーニング

ですね。これについては英会話スクールや

オンライン英会話等を活用する必要がありますが、

意外と「独り言」による練習も効果的です。

 

あなたが英語で話したいこと、表現したいことを

英語で「書き」(ライティング)、それを

覚えて「話す」(スピーキング)というアウト

プットの練習を積極的に行うようにして下さい。

 

…と、ここまで読んで、

「でも、一人でそんなにたくさんの勉強・

トレーニングするのは難しい!」と感じた

あなた。安心して下さい、はいていますよ…

じゃなかった、こんなメール講座がありますよ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster_premium_w15/

 

 

この講座では、今日ご紹介した英語の勉強・

トレーニングを1年365日、1日10分のスキマ時間を

使って毎日楽しく行うことが可能です!言わば、

英語学習の定食屋、全部乗せの楽しい楽しい

メール講座ですので、ぜひこの機会にご参加下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ