「英語と触れ合う時間」、どれぐらいありますか?

英語を話せる人と、なかなか話せない人には

さまざまな違いがありますが、中でも最も

顕著な違いとして「英語と触れ合う時間」の

長さが挙げられます。

 

これは英語だけに限らず、どんなことにでも

言えますが、人間は何か新しいことを習う際、

その対象とどれだけ長い間触れ合っていたか?

という点が重要になってくるのです。

 

例えば、あなたがこれまでに身につけたスキル

の中で、「ほとんど何もせずに身についた」

というものが一つでもあるでしょうか?

おそらく、そういうスキルは一つもないはずです。

 

逆に言えば、この世の大抵のことは、

「触れ合う時間」が長ければ長いほど、自然と

身についてしまう…ということでもあります。

 

そこで、英語の習得の話に戻りますが、

今すでに英語を話せるようになっている人、

英語を聴き取れるようになっている人と、

そうでない人との一番の顕著な違いは、

「英語と触れ合う時間」が多いか、少ないかに

関わってくる…というわけです。

 

実際、英語を話せる人というのは、毎日

出来るだけ多くの時間を英語の勉強に費やして

います。スキマ時間があれば、単語や例文の

一つでも覚えたり、週末には集中的に洋画や

海外ドラマを使った聴解トレーニングなどを

実践したりしています。

 

一方で、なかなか英語を話せるようにならない…

という人は、そこまで徹底して英語と触れ合う

機会を設けていません。

 

たまに思い出したようにリスニングの練習をして

みたり、TOEIC の勉強をしてみたり…といった

程度の学習では、さすがに負荷が足りないので

良い結果を望むことは難しいかも知れませんね。

 

そこで、自分は負荷が足りていないな…

と感じられる方は、ぜひ毎日少しでも多くの

「英語と触れ合う時間(機会)」を設けるように

してみて下さい。

 

それは、YouTube の英語動画を視聴するのでも

良いですし、海外の英文記事を読むことでも

構いません。肝心なことは、そのような習慣を

毎日つけて、出来るだけ多くの時間を、英語と

触れ合う時間に充てる…ということです^^

 

追伸:

ただ、口で言うのは簡単だけど、それを

毎日実践するのがなかなか難しいんだよ!と

思われたあなた。

 

そんなあなたにピッタリのメール講座が

「ラインマスター毎日英語塾」です^^

このメール講座なら、毎日あなたに

「英語と触れ合う時間(機会)」を自動で

作ってくれます。

 

くわしくはこちらをチラッと覗いてみて

下さい。先着30名限定、受講生募集中です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster_premium_w15/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年11月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ