来年、2016年5月よりTOEIC(R)テストの出題形式が…

既にご存知の方も多いと思いますが、

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)から

TOEICテストの出題形式が一部変更になります。

 

主催団体のETS のウェブサイトのアナウンスに

よりますと…

1.より実際的な英語表現の出題が多くなる

2.今の時代に合わせたコミュニケーション表現が

多くなる。

3.メールやチャット、3人以上の会話、また

地図やグラフといった資料を使ったより

複合的な問題が出題されるようになる。

…といったことが主な変更点になるようです。

 

ただ、前回(2006年)の時もそうでしたが、

大抵こういったニュースリリースがされると、

必ず騒ぎ立てたり、煽ったりする人が出て

きます。曰く、もう古いやり方は通用しない…とか、

難易度が上がるので小手先のテクニックではダメ…

とか^^;

 

ETS の公式サイトを見て頂けばわかりますが、、、

(以下、一部引用)

「時代に応じた内容にするために、

TOEIC テストの一部は変更されますが、

クオリティと難易度に変わりはありません。

変更後のTOEIC テストを受験されても、

スコアの意味は現行のTOEIC テストと

同等であり、スコアの比較も可能です。」

(引用ここまで)

と、しっかり明記されてあります。

 

つまり、時代に併せて出題形式・内容に

新しい変化があるけれども、TOEIC(R)テストの

質や難易度は変わらないということです。

 

ただし、ETS が公開している範囲内で

新形式のテストに向けた対策を行うことも

もちろん大切です。例えば、新しい形式では

パート1の写実問題が10問から6問に削減され

ます。パート2の応答問題も5問減ります。

 

一方で、パート3の会話問題が30問から39問と

大幅に増えます。またリーディングでは

パート5の短文穴埋め問題が10問減る一方で、

パート6の長文穴埋め問題が4問増え、さらに

パート7のダブル・パッセージが5問増えます。

 

問題数の増減からも ETS 側の出題形式変更の

意図が、いくつか分析・予想出来ますが、

もっとも大きな変更点としては「より実際的な

会話(コミュニケーション)」に即した表現の

問題が多くなるということです。

 

これは例えば、口語的な表現が多くなったり、

会話における発言の長さが短くなったり、

ということです。考えてみれば、これまでの

TOEIC の英会話文はかなり「作られた感」が

アリアリで不自然な感じでしたよね^^

それが、今回の変更でより「自然な英会話」

らしくなるということなのでしょう。

 

また、リーディングなどでは、全体の内容を

きちんと読む必要があるタイプの問題が増える

ということです。これについては、しっかりと

対策を行っておきたいですね。

 

なお、2016年5月から変更となる新しい

TOEIC(R)テストの最新対応策については、

今夜で募集を締め切らせて頂きます以下の

メール講座で随時最新情報と最新ノウハウを

提供させて頂く予定です。

 

もしあなたが、新しいTOEIC(R)テストの

対策について、具体的にどうすれば良いのか

わからなかったり、不安に感じられている

のであれば、ぜひ今夜中にお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/toeic_f15/

 

 

追伸:

そうそう、特典でおつけする

「TOEIC(R)テスト・マスタープログラム2016」

では、2016年の新形式に対応する最新ノウハウを

しっかりとカバーします。ぜひ、この機会に

手に入れて下さい(メール講座参加者全員に

無料でプレゼント致します)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/toeic_f15/

* なお、こちらの特典につきましては、

11月のETSによるニュース・リリースを受けて

現在大幅に内容を変更しております。

配布時期につきましては11月末ではなく、

12月中(未定)と変更させて頂きましたので

恐れ入りますが予めご了承下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年11月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:TOEIC(R)攻略法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ