こんな楽しい「リアルな英語」をどんどんINPUTしよう!

 

昨日のメルマガで、、、

なるべく早く、英語を話したり、聴き取ったり

出来るようになるためには、教科書的な勉強より

英語圏の「生の英語表現」をどんどん読んだり、

聴き取ったりすると良いですよ…とお伝えした所、

「具体的にはどんな英語が【生の英語】なんですか?」

というご質問を頂きました^^

 

まー、そもそも英語はお刺身や生ビールのように

「ナマモノ」なのか?ということですが^^;

要するに、教科書や教材向けの「作られた英語」

ではなく、英語圏の人たちが普段実際に使っている

(読んだり、聴いたりしている)英語のことです。

 

日本語でも、私たちが日常の会話で使ったり、

テレビやラジオで耳にしたり、普段の生活で

目にしたりするものが「生の日本語」ということで、

それは教科書や参考書に載っている日本語とは

ちょっと違いますよね?

 

そんな「生の英語」、言い換えれば「リアルな英語」

を素材に英語の学習を行うと非常に効果的という

ことです。

 

例えば、具体的にはこんな面白い英文記事を

読むのも良いでしょう:

 

Ed Helms Teaches You How To Fake

The Perfect Vacation

「Ed Helms が教える、偽の完璧な

バケーション写真の撮り方」

http://www.buzzfeed.com/keelyflaherty/ed-helms-teaches-you-how-to-fake-the-
perfect-vacation

 

これは、有名な BuzzFeed の記事で、

映画『ハングオーバー!』でも有名な

エド・ヘルムズが、偽のバケーション写真を

撮影する方法を紹介しています^^

 

こんな英文を辞書片手にちょっと読むだけで、

以下のような、ごく自然な英語圏の慣用的な

語句・表現をたくさん知り得ることが出来る

わけです(いずれも上記英文内の語句):

 

popsicle

「アイスキャンディ」

 

JK

「冗談だよ」

just kidding の略。女子高生の意味では

ありません^^;

 

sufer4lyfe

「命懸けのサーファー」「サーフィン命」

4lyfe は for life のこと。英語の

ネット用語ではこのような略語が多く

使われます。

 

gnarly

「ものすごい」「素晴らしい」

これはスラングですね。

 

rip curl

「リップカール」

rip は「裂ける」、curl は「巻いているもの」

という意味で、サーフィンの大波のこと。

 

catch some rays

「日焼けする」

これは定番パーツとして丸ごと覚えて

おくと良いです。海岸などで寝転んで日焼けすること。

 

buy it

「降参する」「負けを認める」

selfie は「自撮り写真」のこと。これも

ぜひ覚えておくと良いです。a beach legs

selfie で「ビーチで脚だけの自撮り写真」

という意味。或いは Legs or Hotdogs? で

ビーチやプールなどでお決まりの、

自分の太腿を撮った写真のこと。

 

that’s nuts

「バカみたい」

nuts は「バカみたいな」「気がおかしい」

といった意味。

 

chill

「くつろぐ」「落ち着く」

パーティや旅行などで興奮した後、

chill というのは「気分を落ち着かせる」

といった意味があります。chill out とも

言います。

 

good, old-fashioned

「古き良き~」「定番の~」

こんな定番表現もぜひ覚えておくといいですね^^

 

いかがでしょうか?

英語のリーディングというと、退屈な

イメージがありますが、こんな感じのサイト

なら楽しく読めますよね。

 

英語力を身につける上では、とにかく

インプット(読み・聴き取り)の練習が最も

効果的ですが、いざ実践しようと思っても

一体何をソースに読んだり、聴き取ったりすれば

良いのか分からない…という方が多いです。

 

せっかくやる気になっていても、読んだり

聴き取ったりするのに最適な素材を見つけるのが

大変だと、それだけで士気をくじかれてしまい

ますね。

 

そんな時には、ぜひ今週末限定で受講生を

追加募集しているこの講座をちょっと試して

みて下さい^^ 毎回、英語のインプット練習に

最適な内容の英文記事、英語音声動画等を

どんどんご紹介しています。

 

実際の講座では、英語を読んだり聴き取ったり

する上で注意すべき語句や表現、そして詳しい

和訳や解説・アドバイス等々をたくさん記載して

います。毎回完結型なので(たまに2回に分けて

いる場合もありますが)、その都度楽しく実践

して頂くことが可能です^^

 

残り6名のみとはなりますが、どんな感じか、

ちょっとだけ以下の案内ページをご覧になって

みて下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/input_reading_listening15f/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ