英語ライティングのトレーニングって?

日本で英語を勉強するとなると、皆さん真っ先に思いつくのが「英会話教室」
「英会話スクール」とか「NHKの英会話講座」ですよね。

だいたい、英語の勉強って言ったら英語を「話す」ことや「聴く」こと
が主体になると思います。
あとは、やはり「読む」ことですかね。ボキャブラリーを増やして、
「多読」トレーニングなんていうのは結構皆さんやっていらっしゃいます。

ところが、一つだけ仲間はずれにされているものがあるんです。
これ、すごい重要なスキルにも関わらず、結構軽視されているというか、
あまり積極的に取り掛かろうとする人が少ないんですね。
それが、「ライティング」です。
…「ライティング」
まぁ、つまり英語を「書く」ことですが。

これを重視する人ってあまりいません。というか、重視しようにも
日本では「ライティング」のトレーニングをすること自体が、とても
難しいんです。
英会話スクールへ行けば「話し」と「聴き」は出来ますよね。
「読み」については家でも出来ます。

ところが「書き(ライティング)」については、いくら頑張って書いても
それが「正しい」のか「間違っている」のか、わからないわけです。
勿論、英会話スクールやマンツーマン指導などで、ネイティブが添削して
くれるのであれば問題はありません。

ところが、たいていのスクールではそこまでサービスしてくれる所は稀です。

そんなわけで、なかなか日本にいると「ライティング」というのは
本格的に取りかかることが難しいスキル・トレーニングと言えるんです。
しかしながら、ライティングのトレーニングというのは、英語力を伸ばす
上ではとても効果的だとされています。
なぜなら、ライティングというスキルは他のスキル(話し、聴き、読み)
と比べて、より高い「厳密さ」が求められます。
例えば、文法、綴り(スペル)、語法、理解度等々…

他のスキルでは許されることがライティングでは許されないわけです。
したがって、ライティングのトレーニングを行うことによって、総合的な
英語力を根底からしっかりと向上させることが可能になるんです。
最近では日記やブログを英語で書いている人もいますよね。

実際、そういうトレーニングはとてもお勧めです。
そして、出来ればネイティブスピーカーや英語を知っている人に、書いた
英語を添削してもらうのがベストと言えます。
「書く」こと自体も大事ですが、間違いを正してもらって初めて英語「書く」
トレーニングの効果が出るわけです。
 
私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ