簡単なリスニング練習のための音声素材の選び方

リスニング力を養うために、英語音声を

聴き取る練習をしよう!と意気込むものの、

さて、一体どんな英語音声を使ってトレーニングを

すればいいのか?と悩んでしまう人も多いですね。

 

リスニング教材の CD を使うのもいいですが、

ある程度聴いたら飽きてしまいます。

さらに、教材の英語音声は何となく「作られた」

感じがして、自然な英語ではないのであまり

お勧め出来ません。

 

というわけで、私としては YouTube の英語音声が

やはり一番手軽でバリエーションも豊富なので、

いいんじゃないかな~?と思うのです^^ 実際、

YouTube なら自分の興味のある分野の英語音声を

検索出来ますから、趣味の一環で楽しみながら

英語を聴くことが出来ます。

 

検索方法は簡単で YouTube の検索窓に【英語で】

あなたの興味・関心のあるキーワードを入れる

だけです。ただ、実際に YouTube で動画を検索して

みると、とにかくたくさんの英語音声動画があり

過ぎて、一体どれを使えば良いのか迷ってしまうと

思います。

 

そんな時は、まず動画の「長さ」で選んでみましょう。

リスニングの練習も、ハッキリ言って10分以上の

動画は長過ぎです。出来れば数分以内の動画を選ぶ

と良いです。フィルターから「短い(4分以内)」

を指定すれば4分以内の動画のみが検索結果に表示

されます。

 

さらに、YouTube の動画には「スクリプト」が

ありませんので、リスニングの練習をする時に

果たして自分が聴き取った内容が正しいのかどうか

確認出来ませんね。そんな時には検索語プラス

subtitles/subs/closed captions といった語を

一緒に検索すると良いです。

 

subtitles/subs/closed captions というのは

要するに「字幕」のことで、English subs と

言えば「英語字幕」のこと。つまり、字幕付きの

英語音声を使うことでリスニングの理解度を

自分で確認出来るということです。

 

ちなみに、YouTube では自動で字幕を出す機能が

ありますが、ほとんどの場合メチャクチャですので^^;

投稿者が初めから用意している字幕付きの動画を

選んだ方が良いです。字幕の種類等は動画の下に

ある設定(settings)で選びましょう。

 

実際、こんなのが全て無料で視聴出来て、さらに

リスニングの練習に使えるというんですから、

本当に良い時代になりましたね^^ ぜひ積極的に

YouTube の英語動画を使ってリスニングの練習を

実践してみて下さい。

 

追伸:

ただ、それでもどんな動画を使ったら

効果的なリスニング練習が出来るのかわからない~!

という方は、ぜひこちらのオールインワン講座を

活用してみて下さい。

 

いわゆる爆笑動画、面白動画をはじめとした

楽しい海外のYouTube 動画を使った完璧な

リスニング練習が可能な大人気講座です^^

* 本日より3日限定、募集定員は10名のみです!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/how_to_listen_f215/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年11月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ