最高の英語発音矯正法はただ○○するだけです

日本人は英語の発音が苦手な人が

本当に多いですが、その原因の一つとして

英語の音をそのまま口にせずに、わざわざ

日本語的な、ローマ字読みの発音で口に

出そうとするという傾向が挙げられます。

 

まぁ、これはハッキリ言って「恥ずかしい」

というのが最大の原因かとも思いますが^^;

恥ずかしがっていては英語なんて話せるように

なりませんからね^^

 

また、これは特に「頭の良い人」に顕著な

傾向でもありますが、耳から入って来た英語の

音を「音」としてではなく「言葉」として

論理的に捉えようとしてしまいがちである…

ということも言えます。

 

まぁ、確かに英語は「言葉」ですから、

それを「言葉」として捉えて何が悪い!という

感じですが^^; 実際のところは、言葉という

よりは音楽、しかも楽器の音色みたいに

捉えて、それをそのまま真似て口から出すと

うまく発音することが出来るようになります。

 

例えば、簡単な英語の例で言うと

No problem という語句がありますね。

日本語的な発音で書けば「ノー・プロブレム」

です。しかし、実際の英語の発音としては

ノウ・プラーブラムのように聞こえます。

* アメリカ発音の場合です。

 

で、英会話の時にノウ・プラーブラムなら、

もうそのままノウ・プラーブラムという

音のまま何も考えずに覚えてしまえば良い

ということです。ここでいちいち日本的な

発音に直して no は「ノー」、problem は

「プロブレム」のようにする必要は無いという

ことですね。

 

そういう意味では、子供(特に幼児なんか)

はとても発音に対して素直です。聞こえたら、

そのまま口に出そうとします。余計な知識が

無い分、ストレートに出せるんですね。

 

上述の no problem ですが、私が留学していた

頃、後輩でかなり頭の悪い子がいたのですが、

アメリカ人が No problem! と言った時に

「先輩、ノー・プログラムって何ですか?」

と聞いてきたことがありました。

 

その時はバカだな~と思っていたのですが、

結局その後輩の方が、英語の発音が上達して

しまったのです。なぜなら、彼は何も考えずに、

(下手な知識が邪魔せずに)聞こえた英語の

音をそのまま真似してストレートに口に出す

習慣をつけていたから、ですね。

 

下手に発音記号の違いだの、アクセントが

どうだのと気にしているよりは、聞こえたら

聞こえたまんま、丸ごと音を真似しちゃって

下さい。実はそれが最高の発音矯正法なのです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年10月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ