英会話でとっさの一言が出てこない人の共通点とは?

最近よく思うのが…

英語のコツというのは極力「考えないこと」

なのではないかということです。

 

これはスピーキング(話し)にも

リスニング(聴き取り)にも共通して言える

ことなのですが、、、

 

頭の中で論理的にあーだ、こーだと

考えると、途端に英語は話せなくなりますし、

聴き取れなくなるんです。つまり、どれだけ

無心(無意識)の状態で英語を扱うことが

出来るか、そこに英語上達の鍵が隠されて

いるということです。

 

例えば、英会話でとっさの一言が出てこない…

ということは、日本人であればよくある

ことですが、それって大抵頭の中で

「ウーンと、ウーンと…」と色々考えまくって

しまっているんですよね^^;

 

えーと、こんな時はどんな表現を使うんだっけ?

とか、、、

えーと、この場合は仮定法過去完了かな?

とか、、、

えーと、この発音は R だったかな、L だったかな?

とか、、、

 

まーそんなことを細かく頭の中で考えてしまえば、

誰だって言葉がパッと口から出てきませんよね。

しかし、それを多くの日本人がやってしまって

いるのです。

 

そこで、英会話の際は極力「頭で考えない」ように

した方が良いです。しかし、頭で考えず、一体

どうやって英語を話せばいいんだ!…とあなたは

今思われたかも知れません。

 

そんな時は、どうやってあなたが日本語を

覚えたのか、それを思い出してみると良いです。

 

子供の頃、どうやって日本語の表現を覚えましたか?

おそらくは、親や先生、友達等々、周りの人々が

使っている言葉を真似して、それをそのまま

口に出しているうちに自然と言葉を覚えたはず

です。

 

それなら、英語もそうやって覚えれば良いのです。

シチュエーションごとに、こんな時はこんな表現を

使う、こんな時にはこんな言い回しを使う…

そんな感じでどんどん英会話の表現を覚えて、

使ってみましょう。

 

え?一体どんな英会話の表現を覚えれば良いのか

わからないって?

 

それなら、ここにシチュエーションごとに

すぐ真似して、あなたオリジナルの表現に

アレンジして使える英語表現がたくさんありますよ^^

 

以下のページの真ん中手前あたりに

すべてのシチュエーションをリストにして

いますので、ぜひ今すぐチェックしてみて下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/easy_speaking_fall15/

 

 

追伸:

「かんたんエモーショナル!スピーキング力UP講座」

は、私が直接あなたの英文を添削・チェックさせて

頂きます。そのため、少数限定での募集となって

おります。次回はいつになるか、ちょっと分かりません

ので、ぜひこの機会にご参加下さい^^

残り4名のみです!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年10月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ