「笑い」を英語の学習に取り込むコツを教えます

 

「笑い」が英会話や、英語学習そのものの

効率を上げる効果があるということを

昨日のメルマガでお話ししました。

 

今日は、実際にどのように「笑い」を

英語学習に取り込めば良いのか、そのコツを

詳しくご紹介しましょう^^

 

まず、英語を「読むこと」すなわち

リーディングですが、これは「笑い」の

要素(楽しめる要素)が無いと、継続するのが

顕著に辛くなるものですね。

 

そんな時は、海外の Funny Story「笑い話」

や American Joke「アメリカン・ジョーク」

のサイトを使ったリーディングをおススメします^^

例えばこんなサイト…

http://www.jokes-best.com

http://www.laughfactory.com/jokes

 

いずれも数分~十数分で読めるような小噺的

ショート・ストーリーがたくさんあり、

笑いながらリーディングの練習が出来ます。

 

もっと短いリーディングであれば、海外の

笑える掲示物や変わったモノを紹介している

こんなサイトも爆笑しながら英語の勉強が

出来ますね^^

passive-aggressive notes

http://www.passiveaggressivenotes.com

Engrish.com

http://www.engrish.com/


ちなみに、今日の「爆笑講座」ではこのサイト

を使ったお笑い英語リーディング講座をお送り

しました^^

 

リスニングであれば、やはり YouTube に

投稿されている英語圏の爆笑動画が一番です。

こんなのとか…

Emerson – Mommy’s Nose is Scary! (Original)

https://www.youtube.com/watch?v=N9oxmRT2YWw

* 音が出ます、注意して下さい。

あとは、こんなのとか…

Ultimate Dog Tease

https://www.youtube.com/watch?v=nGeKSiCQkPw

* 音が出ます、注意して下さい。

 

いずれも、現在募集中の「爆笑メール講座」で

スクリプトと徹底的な解説をお送りしていますので

こんなのを大笑いしながら視聴しているだけで

リスニング力いつの間にか格段に身についている

ことに気づかれるでしょう。

 

ライティングであれば、やはりあなたが

英会話で外国人を笑わせるようなネタを

英訳する練習をするのがベストと言えます^^

例えば、こんなネタ…

 

「一人の太った女性がアヒルを連れてバーに

やって来ました。すると、一人の男性が言いました。

「ダメダメ!なぜバーに豚なんか連れて来たんだ?」

「あんた酔っ払ってんの?これはアヒルだよ!」

「あのな、俺はアヒルに話しかけてんだ」

 

こんなのを英語に訳して、英会話の時に

外国人相手に話すと非常にウケます^^

A fat lady came to a bar with her duck and

a man said, "No, no! Why did you bring your

pig to the bar?"

"Are you drunk? This is a duck!"

"Well, I’m talking to the duck."

 

これも、実際に先週の「大爆笑・お笑い英語・

英会話メール講座」で、受講生みんなで英訳

の練習をした内容です。こんな感じで「笑い」

をあなたの英語学習に取り入れてみて下さい。

 

え、でもやり方がわからない?

それなら、ぜひメール講座に参加して

一緒にやってみましょうよ^^

本当にオモシロイ講座ですよ!残り5名、

明日最終締め切り日で~す:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/owarai_english_fall15/

 

 

追伸:

英語講師歴7年超のおもしろ先生の無料ノウハウは

こちらから手に入れることが出来ます:

↓↓↓
http://bit.ly/loftypub_recommend

1. 素早く覚えて忘れない簡単英単語暗記法(PDF)

2. 英語が劇的に上達する5つの方法(動画)

3. 英語の瞬発力を上げる5つの方法(動画)

4. 英会話を「最短」でマスターする方法(PDF)

上記、すべてを無料で手に入れることが出来ます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ