口下手な人が英語を話せるようになるには?

 

先日もお話ししましたが、

日本人は「控え目であること」を

美徳とし、人前でもあまりペラペラと

出しゃばらない方が良いと考える人が

多いですね。

 

そんな風潮があるからか、

自分の意見や感想があってもそれを

ストレートには外に出さず、グッと

飲み込んでしまう人が多いのも事実です。

 

そして、そんな習慣が子供の頃から

続いていると、どうしても「口下手」な

性格になってしまいます。こんなことを

言ったら相手に失礼じゃないか?笑われる

のではないか?という抑制心が強く働いて

しまうのです。

 

しかし、英語を話すこと、すなわち

英会話というのは人と人との話し合い、

会話ですから、口下手であればあるほど

不利で、盛り上がらなくなります。

 

特に英語というのは、「うるさい!」と

感じるほど積極的に、まるで言葉という

弾の撃ち合いのように、次から次へと

言いたいことを相手にぶつけ合う必要が

あるのです。

 

では、どうすれば口下手の人が、そんな

「言葉の撃ち合い」を実際に出来るように

なるでしょうか? 私は、その鍵は

「サービス精神」にあると思うのです。

 

サービス精神というのは、まさに相手に

喜んでもらいたいという気持ちのことですね。

こんなことを言ったら相手はどんなに喜ぶ

だろう?笑ってくれるだろう?…という

気持ち、それがサービス精神というわけです。

 

で、そんなサービス精神が旺盛な人は、

たいてい「口達者」です。なぜなら、常に

何とかして相手を驚かしたり、笑わせたり、

喜ばせたりしたいと考えているからです。

 

かく言う私も、こうやってメルマガを書き

続けているのは、あなたが喜んで下さったり、

フフフと微笑んで下さったりする姿を

想像しているからです^^ 少しでも英語を

話せる秘訣やコツをシェア出来れば、それが

私の本望ということですね。

 

そして、そんなサービス精神故に、

必然的に口達者になってしまうということ

です。何とかして相手を喜ばせたい、

笑わせたい、驚かせたい(良い意味で)…

という気持ちが人を口達者にするのです。

 

もしあなたが口下手で、英語を話す時も

何となく引っ込み思案な感じで終わってしまう

のであれば、そんな「サービス精神」に

目を向けるのも良いかも知れません。

 

どうすれば、英会話で相手が笑ってくれるか、

喜んでくれるか、驚いてくれるか、

そういう視点で英語と接してみると良い

でしょう^^

 

追伸:

さらに口下手な人にぜひ登録して見て

頂きたい動画がコレです!無料ですし、

秋の夜長にチラッと視聴してみて下さい。

おススメです。

↓↓↓
http://bit.ly/loftypub_recommend

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年10月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ