英会話は「その気」になることがとにかく重要!

 

先日、通訳者仲間の集まりがあって、

外国人も多数交えて大盛り上がりの

会合となりました^^

 

そこで知り合った若い日本人男性が

将来通訳者になりたいということで

相談を受けたので色々とお話しした

のです。

 

その男性は某有名大学の外国学部卒で、

英語の知識は完璧、英検はもちろん、

ほとんど全ての英語の資格試験で最高

レベルの結果を出されています。

 

では、実際に英語を話せるのか?と

言うと、これがちょっと残念な感じで、

なかなか前に出て発言出来ない、

ものすごく控え目な性格なのです。

 

当然、通訳者というのは積極的、

どちらかと言えば「図々しい(!)」

性格の方が適性があると言える職業

なので^^; 男性の控え目なところを

変えた方がいいですよ…という話に

なりました。

 

ただ、これは性格の問題なので、

人から変えろと言われてなかなか変わる

ものではありません。それはご本人も

よく分かっていらっしゃるようで、

「一体どうすればいいですかね?」と

聞かれてしまいました^^

 

そこで私は、控え目な性格を今から

変えるの難しいけれど、英語を話す時

だけは一時的でも構わないので

「積極的な性格」を演じるといいですよ

と答えました。

 

実際、全ての性格・人格を完全に

変えるというのはほぼ不可能ですが、

例えば演劇の役者のように、舞台に

立った時だけは別人の役を演じる…という

ことは可能なはずです。

 

そこで重要なことが「その気になる」

ということです。少なくとも英語を話す

時だけは「英語を話す人間」を演じる

ということですね。その気になって、

明るい欧米人のフリをすれば良いのです^^

 

実際に、英語を話すのが苦手…という

日本人に、英会話の時だけ外国人になった

つもりで(フリをして)、演技でも

構わないから「その気」になると上手く

話せるようになりますよと言うと、

本当にスムーズに英語を話せるようになる

のです。

 

控え目な性格の人からすれば、ちょっと

恥ずかしい感じがするかも知れませんが、

一度でも「その気」になって、自分を

一時的にでも捨てて役者を演じてみれば、

意外とその後は「勢い」でうまく行くもの

なのです^^ ぜひお試しあれ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年10月1日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 野上清子 より:

    いつも楽しいブログを楽しみにしています。
    今日は、まったく先生のいわれる通りと思い、思わずコメントしてしまいました。私も引っ込み思案で人前に出るのが苦手ですが、英会話のレッスンの時は喋らないと何も話さず終わってしまって、月謝が勿体無いと思うことが度々ありました。それで話さないとお話にならないと思い、恥じも外聞もかなぐり捨てて、思い切って喋りましたところうまく行くようになりました。いまでは、外国人を見ると、なんとか理由を見つけて話しかける程図々しい人間にかわっていますが、本当に先生の言われる通り英語を話す時だけ人が変わりました。
    先日も、病院で順番待ちしている時外国人を見つけ、話し掛け楽しい会話が始まり、回りの日本人の方から羨ましがられました。
    どういうわけか英語を話す時だけ、は勇気が出るのが自分でも不思議です。
    先生のブログを読み続ける限り、英語をまなび続けるだろうと思う古稀すぎの
    おばあさんです。
    これからも楽しいブログをお待ちしています。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ