日本語のアウトプット練習が英会話で威力を発揮する

 

これは練習とか、トレーニングというより

「習慣づけ」の話なんですが、、、

よく英会話で「とっさに言いたいことが

英語で出てこなかった!」なんて悔しい

思いをすることがありますね。

 

特にそれが、落ち着いて考えてみれば

簡単な英語で表現出来ることであったり、

自分が熟知していた内容であったりすれば

悔しさも一入(ひとしお)です^^

 

ところで、英会話でペラペラと英語を

話せる人と言うのは、日本語でも同じく

ペラペラと話せる人であることが多いって

知ってましたか?

 

例えば、日本語ではダンマリ・ムッツリ

だけれど、英語では人が変わったように

ベラベラ~ッ!と話し出す…なんて人は、

いたら面白そうですが、実際にはあまり

いません^^;

 

英語をベラベラと話せる人と言うのは、

基本的に「おしゃべり好き」という本質が

あるのです。もう人と会ったらとにかく

何か話したくて仕方がない、人好き、

話し好き…という典型的なアウトプット型

人間である可能性が高いです。

 

しかし、英会話でなかなか言いたいことを

言えずに下を向いてしまうような人は、

英語力の問題以前に、日本語での会話で

あっても、あまり得意でないというケースが

多いです。

 

そこで、英語力云々の前に、あまり英会話に

自信が無い…という方は、日本語での会話

すなわち日本語のアウトプットの練習を先に

実践すると良いです。

 

まぁ、これは冒頭でも書きましたが、練習

というよりは「習慣づけ」のようなもので、

とにかく何かを見たり、聞いたり、体験したり

したら、そのまま納得して黙り込むのではなく、

その対象について何らかのコメントを口から

出す(=アウトプット)する癖をつけるのです。

 

これは日本語で構いません。例えば、ニュース

を見ていて、悲しいニュースなら、それを見て

どう感じたか、頭の中で一人で思うだけでなく、

それを【言葉】にして口から出してみて下さい。

 

ニュースだけでなく、日常生活のさまざまな

場面で、見たり、聞いたり、体験したりした事を

そのまま頭の中にしまい込むのではなく、口から

【言葉】として外に出すのです。

 

そして、日本語でそんな習慣づけが出来るように

なったら、今度はそれを英語でやってみて下さい。

何も難しい英語にすることはありません。

知っている単語だけでも構いませんから、それを

英語で口に出してみる。

 

そんなアウトプットの習慣を身につけると、

ものの数ヶ月であなたの英会話力は格段と

向上しますよ^^ これは本当ですので、ぜひ

実践してみて下さい。

 

追伸:

まだ TOEIC(R)テスト対策・準備講座の

スターティング・メンバーは間に合います!

公式問題集を使った勉強会形式で問題演習と

解法・攻略法をコツ、裏ワザ、秘訣と共に

徹底的に伝授します。募集は明日9/30まで。

今すぐお申込みを^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/toeic/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ