失敗を恐れず実験を繰り返すことが英会話上達の秘訣

 

いつも言っていることですが、

英会話って本当に「化学の実験」みたいな

ものなんですね。

 

外国人相手に、新しい表現を覚えたら

既に知っている語句や表現と組み合わせて

自分なりにアレンジしたものを投げかけて

みる。

 

それで通じれば実験は見事「成功!」という

ことで嬉しいですし、通じなければ

「一体どこが悪かったのか?」と反省し、

次に備えるわけです。

 

こんな試行錯誤を繰り返し、英会話力という

のはどんどん向上していくわけですが、

中にはどうしても「失敗」が怖くて実験が

出来ない…という人がいます。

 

残念ながら「英会話の上達」に「失敗」は

つきものなので、絶対に失敗しない上達法は

存在しません。むしろ、失敗するから上達

するわけです。失敗せずに上達させるという

選択肢自体が存在しないということですね。

 

世の中には失敗耐性がある人と、失敗耐性が

無い人(あるいはあっても低い人)がいます。

俗に言う「打たれ強い人」とそうでない人の

違いですが、失敗耐性の高い人は英語の上達も

早いです。

 

英会話という実験で、成功することも勿論

ありますが、大半は失敗の連続で、そこから

色々と学びがあって英語力が身につくわけ

ですね。そこで失敗を何とも思わない人は

とにかく強いのです。

 

一方、失敗耐性がない人、或いは低い人は

ちょっとしたことですぐに凹んでしまいます。

英語で言いたかったことが通じなかったり、

相手の言っていることが理解出来なかったり

するだけでもう(´・ω・`)ショボーンと

なってしまうということ^^;

 

よって、英会話力を身につけたいという人は

英語力そのものよりも、まずは失敗耐性を

身につけることから始めると良いです。

「失敗なんか何だー!ダメで元々!」といった

意気込みで、当たって砕けろの精神で行くという

ことです^^

 

今週も一週間、頑張って英語の勉強を

続けましょう!

 

追伸:

まだ TOEIC(R)テスト対策・準備講座の

スターティング・メンバーは間に合います!

公式問題集を使った勉強会形式で問題演習と

解法・攻略法をコツ、裏ワザ、秘訣と共に

徹底的に伝授します。募集は明後日9/30まで。

今すぐお申込みを^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/toeic/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ