失敗・悔しい思いをした時こそが英語上達のチャンス!

スピーキング講座を受講されている方から、

ご自身が履いていた靴を外国人に褒められた

にも関わらず Thank you! としか返せず、

悔しい思いをした…とのコメント頂きました。

 

わかりますね~、その悔しいお気持ち^^

英会話で咄嗟のひと言が英語で出て来ない

時のもどかしさと、更に後から考えてみれば

あんなことも、こんなことも言えたな…と

思えた時の無念さほど悔しいものはありません。

 

ただ、実はそんな時こそ英語力を大きく

向上させるチャンスとも言えるのです。

なぜなら、そういう「悔しさ」を感じた時、

人は一番力を発揮出来るからですね。

 

これが、多少英語を話せるようになって、

英会話の際に何か言いたいことが言えない…

といった悔しさ、無念さを感じる機会が

少なくなると、途端に現状の英語力に

甘んじてしまうようになります。

 

したがって、そんな悔しさ、無念さを

感じるうちがチャンスということです^^

実際、このコメントを下さった受講生は

言いたいことが言えなかったという悔しさ

を教訓に、すぐにその時に言いたかった

ことを英語のセリフ(ラインと言います)

に書いて送って下さいました。

 

これこそ、まさに私がいつも言っている

「転んでもタダでは起きない」ということ

なんですが^^; 失敗を教訓に、そこから

必ず「お土産」をもらってくるということ

なのです。

 

他にも例えば、TOEIC(R)テストなども、

受験前には一生懸命勉強するけれど、

試験が終わったら問題集なんか見向きも

しなくなる…という人が結構多いものです。

 

しかし実際には、試験が終わって

自分がわからなかった問題があれば必ず

復習し、原因を探って、同じ間違いを二度と

おかさないようにすることが大切ですね。

 

そうすることで、失敗を成功へとつなげる

ことが出来るわけです。そういう意味では、

英会話も TOEIC も「失敗(出来なかった

ことに気付いた時)がチャンスである」と

言えるのではないでしょうか。

 

あなたも、失敗したり、悔しい思いをしたり

することがあると思いますが、そんな時こそ

英語上達のチャンスと考え、前向きに

学習を続けて下さい。きっと良い方向に

進めるはずです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ