「捨て身」でいくと英語が驚く程上達する理由とは?

 

英語を話せるようになった日本人に

色々と秘訣を聞いてみると、面白い

共通点があることに気づきます。

 

その一つが「捨て身」になるという

こと。実際、英語を話せるようになった

日本人の多くが、ある時点で「捨て身」

を覚悟し、その結果驚く程の上達を

実感しているのです。

 

「捨て身」というのは「捨て身の覚悟」

と言われるように、自分の身を捨てる気持ちで

物事に当たる…ということです。これが

出来る人と出来ない人の間には大きな差が

生じます。

 

「捨て身」になれない人というのは、

概して「プライドが高い」傾向があります。

ある意味「捨て身」というのは「恥をかく」

ということですから、プライドが高いと

どうしても捨て身になれないものです。

 

私も若いころは「カッコつける」ところが

あったので、どうしても捨て身になるのが

難しかったものです(今は「人生を捨てて」

いますがね…^^;)。

 

英会話の時も、プライドが高く、恥をかく

ことに抵抗を感じる人は、なかなか英語を

口から出すことが出来ません。

 

何かにつけ、

「こんなことを言って笑われないか?」

「こんなことを言ったら恥ずかしいのでは?」

と頭の中で躊躇してしまい、その結果、

なかなか英会話力が伸びないのです。

 

一方、捨て身の覚悟が出来た人は違います。

当たって砕けろの精神で、どんどん英語を

口から出すことが出来ます。もう恥も外聞も

どうでもいいわ!という勢いで英語を話すので、

結果的にものすごく英語力が伸びるのです。

 

また、これはネイティブ・スピーカー

の方からしても「ウケ」が良いです。

間違えてもいいや、だって日本人だもん!

といった態度で変な英語でもガンガン口に

出している人は、やはり「かわいいやつ」

として友好的に迎え入れられるのです。

 

そこで妙に斜に構えて、クールに決めて

(クールだと思っているのは本人だけですが)

なかなか英語を喋ろうとしないと、ネイティブ・

スピーカーからしても、何だかとっつきにくい

奴だな…という印象を持たれるでしょう。

 

その結果、お腹を出して「降参~!だから、

英語を教えてね!」という捨て身の日本人は

ネイティブ・スピーカーからかわいがられ、

色々と英語を教えてもらうことが出来ますが、

そうではない人、つまり捨て身になれない人は

いつまで経っても彼らと打ち解けられないので、

なかなか英語が上達しないということです。

 

プライドが高い人にとって、恥をかくこと、

自分の間違いや誤りを指摘されることは、

その人自身を否定されているような気持ちに

なることですが、そんな些細なこだわりは

早いうちに捨ててしまった方が良いです^^

 

そして、「捨て身の覚悟」で英語を話して

みて下さい。間違ってもいいんです。

ヘンテコな英語を口にしてもいいんです。

だって、私たちは英語を母国語としていない

日本人なのですから!

 

ぜひ、そんな感じで、当たって砕けろの

精神で英語を話してみて下さい。心のタガが

外れると、その後は驚く程のスピードで

英会話力が上達しますよ^^

 

 

追伸:

もしあなたが英会話力を身につけたかったら…

洋画や海外ドラマの英語音声を使った

聴解ワークを実践してみて下さい。

 

ほんの数ヶ月、いえ数週間続ければ、

あなたの耳が「英語対応型」に変化している

ことに気付くはずです。

 

やらなければ、何も変わりません。

この秋、一緒に楽しく洋画や海外ドラマを

使った英語の学習を始めてみませんか?

数ヶ月後、映画館に行くのが楽しみになりますよ^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga_de_eikaiwa153/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月8日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ