リスニングはまさに筋トレのように毎日続けよう!

ワンダーコアの話ではありませんが^^;

リスニング力って本当に「筋力」と

似ているところが多いです。

 

例えば、1日だけリスニング・トレーニング

をしても、まず聴き取れるようにはならない

ですよね。それは筋肉も同じで、1日だけ

筋トレしても何も変わりません。

 

しかし、筋トレと同じように、毎日

「一定の負荷」をかけ続けると、必ず

リスニング力が向上します。これは

まさに筋肉が強化されるのと同じなのです。

 

ローマは一日にして成らずと言いますが、

リスニング力も筋力も、一日、二日で

どうかなるものではありません。しかし、

毎日きちんとトレーニングを続けていると、

必ず、確実に身につくように出来ている

のです。

 

そういう意味では、いつまで経っても

英語を聴き取れるようにならない…と

嘆いている人は、厳しい言い方になって

しまうかも知れませんが、毎日の

「一定の負荷」が足りていないとも

言えるかも知れません。

 

ここで「負荷」と言いましたが、

筋肉をつける際も「負荷」が重要です。

例えば、軽過ぎるバーベル(ダンベル)を

使っていくら練習しても、負荷がかから

なければ筋肉は絶対につきません。

 

今の筋肉に負荷がかかって、筋肉が壊れ、

それを修復する過程で筋力がついてくる

のです。英語のリスニング力もまさに同じで

今のリスニング力と同じレベルの英語を

聴き続けても、何も変わりません。

 

「負荷」をかけないと、あなたの脳内の

英語を聴き取る部分が反応しないのです。

したがって、今のリスニング力では

「ちょっと難しいな・聴き取り辛いな」と

感じるくらいの負荷を常にかけ続けて下さい。

 

すると、1ヶ月、2ケ月、3ヶ月と続ける

うちに、違いに気付くようになります。

「あれ、何だか今日はやけにクリアに英語を

聴き取れるな!」そんな嬉しい瞬間が必ず

やってきます^^

 

筋トレで言えば、今まで着ていたTシャツが

やけに小さく感じるとか(太ったという意味

ではなく、筋肉がついたという意味です)、

鏡に映った自分の姿がやけに逞しく見えるとか、

そういう瞬間ですね。

 

そんな瞬間を味わうために、毎日のトレーニング

を欠かさず行いましょう。他のスキルのうち、

特にリスニング力は身につくまでに時間が

かかります。また、残念なことに少しでも

サボるとすぐに元に戻ってしまう傾向があります。

 

最初は大変ですが、習慣化することで

必ず英語を聴き取れるようになりますから、

ぜひ頑張って聴き取りの練習を続けて頂きたいと

思います^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ