「気分」を変えると英語の学習効率が上がるワケ

あなたは「気分屋」ですか?

気分屋というのは、要するに気がコロコロと

変わりやすい人のことですが、英語の習得に

おいて「気分が変わりやすい」というのは

利点でもあり、欠点でもあると言えます。

 

まず「やる気」になっている時はいいですね^^

気分屋は、他の人よりも「気分」によって

強いモチベーションを得られるので、

やる気になっている時のロケット・スタート

度合いには目を見張るものがあります。

 

しかし、非常に残念なことに、気分屋は

その「気分」が長く続きません^^;

たいていは数日~数週間で、やる気無し

モードに突入します。まぁ、それが気分屋の

気分屋たる所以でもあるわけですが。

 

ただ注目すべきは、気分屋の「やる気

モード」時のポテンシャルです。これは、

気分屋以外には決して真似することが

出来ない、恐るべきモチベーション・

エネルギーと言えるのです。

 

したがって、気分屋は、その「気分」を

何とかしてコントロールすることによって、

普通の人が真似できないような、強力な

英語の学習を遂行することが出来る可能性を

秘めているということです。

 

このような「気分」のコントロールには

色々と方法があるわけですが、重要なことは

その人にとって何がトリガーとなって、

気分が変わるのか、その部分に着目するという

ことです。

 

例えば、私も相当な「気分屋」ですが^^;

自分の気分をコントロールするのに、

音楽や香り(アロマテラピー)を使ったり

します。これが殊の外、効果的に作用する

のです。

 

自分の中で、モチベーションが高まる

特定の音楽(曲)や香り(エッセンシャル

オイル)が分かっているので、ここぞと

言う時にそんな音楽を聴いたり、香りを

部屋中に満たしたりします。

 

そうやって、自分の「気分」を意図的に

コントロールすることで、気分に

振り回されるのではなく、逆に気分を

味方につけて、最大限のパフォーマンスを

出すことが出来るというわけです。

 

あなたの気分屋度合いにもよりますが、

もし気分によってやる気が出たり、

やる気が無くなったりすることで

悩まれているのあれば、あなたの気分を

変える「トリガー」を見つけてみて

下さい^^

 

追伸:

ということで、お盆キャンペーンは

もうこれでオシマイ!(言うのも飽きた^^;)

■ 7ステップ式リスニング専用トレーニング講座

お盆キャンペーン特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/htl_obon/

■ 読もう!聴こう!英語のインプットおもしろ実践会

お盆キャンペーン特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/input_reading_obon/

* いずれも今夜で受付はすべて終了です!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ