頭のいい人ほど英語の習得に失敗するワケとは?

世の中には不思議なことがたくさんあります。

普通に考えて「まさか?」と思うような

意外なことが、まだまだたくさんあるのです。

 

その一つに「頭の良い人ほど英語の習得に

失敗する」という驚愕の事実があります。

これを聞いて、一般の方々は「そんなまさか!」

と思われるかも知れません。

 

しかし長年、英語習得のアドバイスをして

いると、その傾向が顕著にわかるようになります。

実際、頭の良さと英語の習得成功率は比例の

関係に無いと断言出来ます。

 

その理由の一つとして、頭の良い人が

「考え過ぎる」という点が挙げられます。

まぁ「考える」という能力は、そもそも

頭の良い人が一番長けている部分であって、

考え過ぎて何が悪いんだー!と言われそう

ですが^^;

 

ただ、この「考え過ぎる」というのは

時に大きな弱点となり得るものです。特に、

英語のような言葉を操るスキルは、スポーツ

と同じように「感覚(センス)」がとても

大事なので、頭で考え過ぎるとどうにも

上手く行かないことが多いのです。

 

それだけではありません。

「考え過ぎる」というのは「慎重になり過ぎる」

ということでもあります。英語の習得において

「慎重になり過ぎる」というのは、一番の

ディスアドバンテージと言えるかも知れません。

 

なぜなら、英語というのは「大胆になること」

が一番の秘訣だからです。言葉は悪いですが、

何も考えずに、当たって砕けろといった精神で、

ダメ元でやってみると意外とうまく話せたり、

聴き取れたりするものなのです。

 

頭の良い人は、頭が良い分、頭をフル回転

させて物事を「考え過ぎて」しまいます。

そうして、言葉選びに慎重になったり、

こんなことを言って笑われるのでは?とか、

もっと違うことを言っているのでは?とか、

色々と細かいことを気にしているので、

なかなか英語力が身につかないというわけ

ですね。

 

おそらくこれを読まれているあなたは

きっと頭がとても良い方だと察します。

しかし、頭が良過ぎて、結果として常に

「考え過ぎ」「慎重になり過ぎ」て

いるのであれば、もう少しラフに行っても

良いかも知れませんね^^

 

追伸:

頭の良い人は、新しい講座に関しても

「どーしよーかなー」「出来るかなー」と

慎重に、慎重になって考え過ぎてしまいます。

一方で、あまり細かいことを考えず、

「これ面白そうだな!やってみようかな^^」

と思える人は、サッと行動に移し、さっさと

先に進んでしまうものです。

 

もしあなたが、英語圏に留学した人たちと

同じ英語の勉強・トレーニングをやってみたい

と思われるのであれば…今すぐ何も考えず、

参加してみて下さい^^ 心からお勧め出来る

内容ですので。あと4時間で受付終了です~!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newesl_ob15/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ