リスニング集中トレーニング講座6

さて、シリーズでお届けしております「リスニング・トレーニング講座」

前回は第3段階のお話をしました。

「個々の単語・熟語ではなく、【意味のまとまり】で聴き取れる」段階
というのが第3段階で、要するに中級以降のリスニングレベルです。
意味のまとまりで、英語の音声を聴き取る癖をつけると、一つ一つの
単語や熟語のことなんかどうでも良くなります。
それよりは、まとまったフレーズやパターンを丸ごと聴き取ることで、
英語を英語のまま、イメージとして理解できるようになるわけですね。
ただし、この段階でも実はまだ十分ではないのです。
多分、この段階に達している人であっても、字幕なしで映画を見ても
完全に理解することはなかなか出来ないはずです。
なぜか?
実は、リスニングの第4段階では英語の「構文」に意識することが重要に
なってきます。
第1段階~第3段階までは、英語の音声の中で「聴き取れた」部分だけを
まるでジグソーパズルのようにつなげて、半ば「当てずっぽう」で内容を
「推測」するリスニングの仕方なわけです。
しかし、より高度な理解力を求められた場合は、そのような「推測」だけ
では歯が立たなくなります。
もちろん、英語を母国語としない私たち日本人が英語の音声を聴き取ろう
とするとき、「推測」する力はとても重要です。
常に、推理をしながら、「ああ、こういうことを言っているんだな」と
理解していく姿勢は本当に大切です。

ただし、リスニングも上級レベル、すなわち第4段階にもなると、より
正確な内容の把握・理解が必須となります。
その時必要となるのが英語の「構文」を理解する力なんですね。

「構文」というのは、簡単に言えば英語の「構造」のことです。
例えば、英語では何かを先に言って、その後に説明を続けるような構文が
(構造)がよくあります。
他にも、英語特有の「構造」というのがあるわけですが、このような構文
(構造)を常に意識して英語を聴くようにすると、より正確に内容を
把握することが出来るようになります。
また、構文(構造)が分かっていれば、英語の音声を流れるままに理解する
ことが出来るようになります。
構文(構造)がよく分かっていない人は、どうしても個々の単語や熟語のみ
を拾い集め、そこから推測することだけに固執してしまいます。

聴き取れたいくつかのキーワードだけ、何回も反芻し、時間だけが過ぎて
いくのです。
しかし、構文(構造)が分かれば、流れる英語の音声を、途中で戻って訳す
ことなく、自然に順番通りに理解することが出来るようになります。

これが、上級のリスニングレベルというわけですね。
少し長くなってしまいましたが、以上がリスニングの第1段階~第4段階の
簡単な説明となります。
 
私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ