年下の外国人と話して自分の方が年下に感じるなら

もともと、日本人は若く見られがちです。

私なんかが留学していた頃は、ただでさえ

童顔でしたので(ホントだよ)、実際には

ハタチ過ぎでしたが、色々な所で子供扱い

されたものです^^;

 

スーパーでビールを買おうものなら

すぐに ID を見せろと言われましたし

(それも自分より年下のアルバイトに!)

タバコを吸ったら小学生に笑われたことも

あります^^; なんで kid なのに?みたいな。

 

まぁ、見た目はしようがないのですが、

そうではなく、年下の外国人と英語で話して、

何となく自分の発言が幼稚だな…とか、

何となく相手の方が大人みたいだな…とか、

感じたことはありませんか?

 

確かにネイティブ・スピーカー相手ですから、

英語力の面では比較にならないわけですが、

それでも、百歩譲っても、何となく自分の

喋る英語はどことなく幼稚な気がする…

と悩む日本人は多いのです。

 

その理由は単純に語彙力や表現力の問題でも

ありますが、実は、あなた自身の英語が

【表面的】【形式的】であることが諸悪の

根源とも言えます。

 

先日もお話した「細切れスピーキング法」ですが、

確かにあんな感じで英語を短く、パターンの

組み合わせで話せば、意思の疎通は可能です。

大方、相手に言いたいことを伝えることは

出来るでしょう。

 

しかし、それはあくまでも「必要最低限」という

ことです。そこが英会話のスタートライン

のようなもの、ということです。

 

本当の英会話の醍醐味はその先からなのです。

例えばあなたの感情(喜び、悲しみ、怒り、

笑い等々)や本音、意見といった主観的な部分、

これを盛り込んで相手と気持ちを共有できると

会話は俄然楽しくなるというわけです^^

 

あなたが英語を話していて、どういうわけか

自分の発言がどことなく物足りないとか、

表面的、或いは幼稚な感じがしてしまう…

という場合は、そこにあなたの主観的な意見、

感情といったプラスαの部分を付け足してみて

下さい。それだけであなたの英語の表現力は

驚くほどガラッと変わり、洗練されますよ。

 

え?

でも一体どんなことを付け足せばいいのか

分からない?それなら、、ぜひこの講座を

受講してみて下さい。その「プラスα」の

部分をしっかりと学ぶことが出来る唯一の

講座ですので^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/easy_speaking/

* 残り数なくなり次第、募集は終了となります

のでご了承下さい。

 

 

追伸:

それでは熱中症に気をつけて、どうぞ楽しい

週末をお過ごし下さい~ Have a good one! :)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年7月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ