英語習得には多少の「身銭」を切った方が…

 

最近は YouTube もそうですが、

ネット上でさまざまな英語の素材を

手に入れることが出来るので、

昔のように高い英会話教材を買わずとも

工夫次第でいくらでも英語の勉強が

出来るようになりました。

 

しかし、そんな便利な世の中になった

とはいえ、未だに日本人の多くは

英語をうまく話したり、聴き取ったり

することが出来ません。

 

それにはいくつかの原因があるわけですが、

今日お話ししたいのは「身銭を切る」、

つまり自分に投資することについてです。

 

これは前にもお話したことがありますが、

人間というのは「お金」が関与すると、

真剣になれるということがあります。

 

例えば、あなたも毎日仕事をしていると

思いますが、それは「お給料(お金)」

を貰えるからですよね。お金を貰えるから、

真剣に仕事をすることが出来るのです。

 

例えば、批判するつもりはありませんが、

年金の話。年金機構で不祥事がどんどん

明らかになっていますが、あんなのも、

自分のものではないお金だから、杜撰に

なるのです。自分のお金の話であれば、

人は真剣にならざるを得ませんからね^^

 

そこで英語学習の話に戻りますが、

これも同じことが言えるのです。つまり、

自分がお金を払っていない(身銭を切って

いない)状態ですと、ハッキリ言って

真剣・本気になれないことが多いです。

 

無料の英会話教材と、30万円の教材、

どっちが真剣になれますか?^^

無料なら、ちょっと面倒臭くなったり、

つまらないと感じたら止めてしまいます

よね。

 

しかし、30万円という身銭を切っている

場合は、少なくとも無料と比べたら、

「よしやるぞ!」という真剣度が違う

というわけです。元を取ってやろう!

という気持ちになるのです。

 

そこで、あなたが本気で英語を習得したい

と思われているのであれば、多少高額だな…

と感じることがあっても投資して下さい。

これは無駄遣いとはまったくレベルが違う

話です。

 

そうやって、自己投資が出来る人は

どんどんスキルアップしていきます。

最初は勇気がいるのですが、よし!と

思ってやってみると、その後のやる気とか

上達の度合いとかは無料とは比べ物に

ならないです^^

 

どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ