リスニング集中トレーニング講座4

さて、というわけでシリーズ「リスニング・トレーニング」講座もいよいよ
佳境に入ります。
これまで英語音声の「音」だけをそのまま聴き取るトレーニングについて
説明してきました。

「音」だけを「音楽」のように聴き取り、この時点ではまだ「意味」を理解
しません。

これで、英語特有のリズム、抑揚、「音単位のまとまり」を聞き分ける力を
身につけます。

そして今回は、いよいよ「英語の意味」を理解するトレーニングです。
詳しい説明に入る前に、リスニングにおいて「英語の意味」を理解すること
について少しお話しますね。
英語の音声を聴いて、その意味を聴き取ろうとするのですが、これにもやはり
「段階」というものがあります:

1.「いくつかの知っている単語を聴き取れる(意味がわかる)」段階

この段階は、いわゆる初心者の段階です。多分、ほとんどの日本人が最初に
英語を「聴こう」と意識してリスニング・トレーニングに臨んだときの段階
ですね。

長い音声の中で、いくつかの単語が頭の中に残ります。少し上達している人だと
いくつかの文の意味が理解できるようになります。

ただし、断片的な理解(というより推測)でしかないため、少し複雑な英語
になるともうサッパリわかりません。

2.「聴き取れる単語の数が多くなり、英語の大意がつかめる」段階

この段階は初級に相当します。1.の段階に毛が生えた程度のレベルですが、
聴き取れる単語や熟語の数が増えるうちに、「何となく」であれば英語の大意
が理解できます。

よくジグソーパズルなんかに例えられるのですが、一つ一つの「わかっている」
単語(パーツ)を増やすことで、全体像を形作る「足場」を組み立てることが
出来ます。

しかし、ここが重要な点なのですが、これには限界があり、いくら個々の単語
や熟語の意味だけを理解しても中級~上級へレベルアップすることは出来ない
のです。

それはなぜか?

3.「個々の単語・熟語ではなく、【意味のまとまり】で聴き取れる」段階
ここからが正念場(^^;です。

いくらボキャブラリーを増やしても英語を聴き取ることが出来ない!という人は
実はこの段階に入っていないのです。
実は、この段階に入るというのは、一つの「気付き」が必要なんですね。

例えば、多くの日本人が英語の音声を聴くとき、頭の中で「文章化」して、
それをまるでReading(読み)のように理解しようとするのです。
それが、実は根本的な間違い。

よく考えてみて下さい。あなたが日本語を聴き取っているとき、頭の中で
文章化して理解していますか?
していませんよね(^^)

大切なのは、個々の単語や熟語を組み合わせて「文章化」することではなく、
個々の単語や熟語が合わさって出来た【意味のまとまり】を「文章でなく」
頭の中の「イメージ」で理解することです。
*通訳者の場合は、理解したことを更に日本語という言語に変換する能力が
必要ですが、一般の英語学習者であれば、その能力は必要ありません。

さて、またまた長くなってしまいました。

この続きは次回は更に詳しく、深遠な説明をさせて頂きたいと思います。
特に次号は核心に触れる内容となりますのでお見逃しなく(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ