リスニングは必要な部分のみ優先的に聴き取ること

 

なかなかリスニング力が身につかないと言って

いつもメールを下さる方がいます。

 

そこで、どんな聴き取り方をしているのか

気になったので、メール講座で実践している

英語音声を聴き取った内容をメールで送って

もらったのです。

 

すると、見事に「的外(まとはず)れ」な

聴き取り方をされていたので、思わず

ズッコケてしまいました。ごめんなさい^^;

 

簡単に説明すると、その方が聴き取っている

語句や表現というのは、全てその英語音声の

主旨に全く関係のないものばかりである…

ということです。

 

具体的に言うと、とある外国人が日本の

伝統行事に関する説明を英語でしている

英語音声だったのですが、伝統行事の説明

とは直接関係のない単語や語句ばかりを

事細かく聴き取っているのです。

 

ハッキリ言えば、これだけ難しい語句等を

聴き取れているのであれば、十分に内容を

理解出来そうなものなのに、的外れなもの

ばかり聴き取っているので、結果的に内容を

うまく把握出来ないということです。

 

これは非常にもったいない聴き取り方だと

思います。そこで、これを読んでいる方に

アドバイスですが、英語の音声を聴き取る

時には、その英語音声の主旨に関わる語句や

表現を「優先的」に聴き取る癖をつけるように

すると良いです。

 

基本的には、以前お話したことがありますが、

英語音声のキーワードを優先的に聴き取る

スキルを身につけるということです。

これは練習することによって簡単に出来る

ようになります。

 

英語の聴き取りが苦手な人ほど、余計な

(的外れな)語句や表現を聞き取ってしまい、

その分効率を下げています。そうではなく、

キーワードを中心とした、主旨に直結した

部分を優先的に捉える練習をすると良い

ということです。

 

では、一体どのようなキーワード、語句を

捉えれば良いのか?ということですが、

例えば今夜一杯で終了となるラインマスター

毎日英語塾の、火曜日に実践している

リスニング・トレーニングでは、抽出すべき

語句や表現をリストにして詳しくご紹介して

います。

 

こんな練習を毎週実践していると、そのうち

耳が勝手に聴き取るべきキーワードや語句を

捉えてくれるようになるのです。ぜひ、

この機会にあなたも挑戦してみて下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster_eigojuku_tanabata/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年7月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ