自分で自分のポテンシャルを低下させないで!

いつもメールで英語の習得に関する

相談を受けています。そんな中で、

「自分はダメだから、頭が悪いから…」とか

「もう年齢が年齢だから、無理…」とか、

自分で自分のポテンシャルを下げてしまって

いる人が多いような気がします。

 

本人は、もしかしたら謙遜してそう

言われているのかも知れませんが、

いずれにしても自分で自分の可能性を

狭めるのはおかしいと思うのです。

なぜなら、人が秘めている可能性というのは、

その人の感じ方次第でいくらでも広がるから、

です。

 

前にも話したことがありますが、

ある師匠に弟子入りした人が、師匠から

「まだお前なんかに無理だ。あと10年かかる」

と言われると、その技なりスキルなりの習得に

本当に10年かかるそうです。

 

しかし、師匠に「こんなの簡単だよ。頑張れば

半年で出来るようになるよ!」と言われた

弟子は、同じ技なり、スキルなりを半年で

手に入れるそうです。

 

この違いは一体どこから来るのでしょうか?

それは、まさにあなたの「捉え方」にある

のです。つまり「出来るよ、大丈夫だよ!」

と言われて、それを信じれば本当に大丈夫に

なる。

 

しかし、「ダメだ、無理だ、ありえない!」

と言われていると、本当にダメになり、

無理になるのです。これは師匠に言われずとも、

自分自身で常に口癖のように言っていれば

同じことですね。

 

だから、いつも言っていることは、

「自分にはダメ」だとか「出来っこない」と

口にしないということです。そういうマイナスの

言葉には本当に「負のエネルギー」がこもって

います。そんなことを口にしていると、本当に

可能性が狭まってしまうというわけですね。

 

ぜひ、これを読んでいるあなたは

「大丈夫、出来るさ!」

「人に出来て自分に出来ないわけない!」

「絶対に結果を出してやる!」と、

前向き・積極的なパワーで前進して頂きたいと

思います^^

 

今週も頑張りましょうねー!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ