あの夜、親父が酔っ払っていたから通訳者になった

最近、いい歳のオッサンになったせいか^^;

これまでの自分の人生についてよく思い返す

ことがあります。まぁ、この歳になると、

本当に色々なことがありました。

 

そして、それぞれの人生のイベント、大きな

岐路を思い出してみると、それぞれが

本当に「ひょんな」きっかけで繋がっている

ことが分かります。

 

メルマガでも教本でも、もう何度もお話し

しているので、きっとあなたもご存知かと

思いますが、高校時代までの私は本当に英語が

苦手でした。大嫌いだったのです。

 

しかし、高校卒業後のある年の春の夜、

その後の私の人生を決める、ある出来事が

起きました。といっても、本当にバカバカしい程

くだらない、些細な出来事なんですけどね。

 

それは…、うちの親父が酔っ払って家に帰って

来たことです。親父は外で酒を飲むことは

ほとんどなかったので、まぁ今思えば本当に

奇跡のようにも感じますが…^^

 

その夜、私は両親にアメリカ留学について

打診したのです。というのも、我が家はそれほど

裕福でもなく、どちらかというと貧乏でしたので、

まぁ、まず「ダメだ」と言われると思いつつも

思い切って「アメリカへ行きたい」ということを

親父に告げたのです。

 

すると、親父の返事は意外にもアッサリした

もので、「いいよ、お前行って来い。アメリカに

行って英語だけ身につけて帰って来い」と言う

ではありませんか!

 

まぁ、本当はそんなお金も無い筈で、お酒の

勢いでそう言ったのは分かっていましたが、

私は「よし、このチャンスは神さまから頂いた

ものだ!」とばかりに、即行動に移したのです^^

 

結局、人生のきっかけ、チャンスなんてそんな

些細なものばかりです。あの夜、親父が酔っ払って

いなければ、今私はこうして英語のメルマガなんて

書いていなかったかも知れません。

 

だから大切なことは、あなたの目の前に現れた

些細なきっかけ、チャンスを決して見逃さない!

ということです。大抵、その時はそのチャンスの

大きさに気づきません。後になって、ああ、あれが

チャンスだったんだ!と気付くものです。

 

今、夏の新コースのご案内をしていますが、

先日より続々とお申込みを頂いているわけですが、

こんなのも本当に些細なきっかけなんです。

今は、大したチャンスに感じないかも知れません。

 

しかし、これから何年か経って、例えば

東京オリンピックで外国人がたくさん日本へ

やって来た時に、あなたが英語で何かを伝えることが

出来たりすると、その瞬間に「ああ英語を話せて

良かったなぁ」と感じて頂けるかも知れません。

 

そして、その時に、「ああ、そういえば昔、

渡邉さんという通訳者のメルマガを読んでいたな。

そして、そこで募集していた英語習得コースに

参加したのが、今から考えるとチャンスだったんだ

なぁ…」なんてシミジミと思い出して頂ければ、

私は本当に幸せなのです^^

 

 

追伸:

というわけで、残り8名。

明日最終締切となります。目の前のきっかけ、

チャンスを見逃さないで下さい!即行動です。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/perfectmaster/

 

* お申込み頂いた後に自動返信メールが

届かない場合は本メールに返信の形でお知らせ

下さい(PayPalでなく、銀行振込でのお申込みも

喜んで承らせて頂きます)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ