いつまでも英語を話せず聴き取れない人の5つの共通点とは?

 

英語を話せない人を、何とかして話せるようにする

仕事をしている関係上、今日のお話は本当に大切

ですので、どうか目ん玉ひん剥いてじっくり読んで

下さい(笑)

 

これまでたくさんの英語学習者のお世話をして

きました。そんな中で、短期間で英語を話せるように

なる英語学習者がいる一方で、いつまで経っても

話せない、聴き取れない…という学習者に共通する

5つの点がありましたので、以下に紹介したいと

思います:

 

1.「何をどうすれば良いのか分かっていない」

はい、いきなりですが一発目は強烈です。これ、

本当に多いのですが、英語を話せるようになりたい、

聴き取れるようになりたいと言って勉強を始めるも、

自分が一体何を勉強すれば良いのか、トレーニング

すれば良いのかまったく理解していない…という

英語学習者がとにかく多いです。

 

仕方なく、見よう見真似で単語を暗記してみたり、

英文法の問題集をやってみたりするのですが…

当然ながら、そんな当てずっぽうの学習をいつまで

続けていても英語は話せるようにならないのです。

 

2.「一つのノウハウを試してみてダメだとすぐ諦める」

話せるようになるためには単語を覚えると良いとか、

とにかく聞き流しトレーニングを続けると良いといった

何らかのノウハウを知り、それを実践したとして、

それが功を奏さない場合、すぐに諦めてしまう…

というのも英語を話せるようにならない人の特徴です。

 

今や英語習得のノウハウはさまざまなものがありますが、

当然ながら「向き・不向き」があります。一つ試して

ダメだと分かると、それだけで英語習得自体を諦めて

しまう弱さ、積極性の無さは致命的と言えます。

 

一方で英語を短期間で身につけてしまうような人は、

新しいノウハウ、新しいツールに敏感で貪欲です。

一つ試してダメなら、次のノウハウを試すわけですね。

そのような行動力・好奇心の有無が、結果(違い)

として表れるのです。

 

3.「ノウハウを手に入れるとそれだけで安心してしまう」

これ、耳が痛い人が多いと思います。いわゆる

ノウハウ・コレクターですね。私もかつてはそうでした^^;

ノウハウだけ読んで、もう自分には出来たような

気になってしまい、妙に安心してしまうという…。

 

ちょっと例えが違いますが、試験前に勉強の計画だけ

綿密に立てて、それだけで安心(満足)してしまう

のにも似ています。しかし、「ノウハウ」というのは

「実践」を伴って初めて意味をなすものですから、

実際の勉強やトレーニングを行わずして英語を話したり

聴き取ったり出来るようにはならないのです。

 

4.「英語力の【袋】に穴がたくさん開いている」

毎日英語の勉強やトレーニングを続けていても

あなたの英語力の【袋】自体が穴だらけでは、せっかく

覚えた知識がダダ洩れの状態と言えますね。しかし、

なかなか英語を話せるようにならない人はこの穴を

放置する傾向があるのです。

 

よって、覚えた語句も表現も、文法知識も右から

左へどんどん流れて行ってしまうというわけです。

これは本当にもったいない状態と言えます。

 

5.「英語の問題点・悩みをすぐに解消しない」

英語力の【袋】の穴を放置するのもそうですが、

他の問題点、つまり英語をいつまでも話せない、

聴き取れない…という悩みがあるにも関わらず、

それらに速やかに対処せず、放置してしまう…

というのも英語をなかなか身につけられない人の

共通点と言えます。

 

一方で、英語を短期間で話せるようになる人、

聴き取れるようになる人というのは、問題点や

悩みがあれば、即座に対処する習慣が身について

います。だから、無駄が無く効率的に英語力を

身につけられる(=短期間で習得出来る)という

わけです。

 

以上、英語をなかなか話せるようにならない

英語学習者に共通する5つの点でしたが、

それでは一体どうすれば良いのか、それぞれの

対処法については以下のページにまとめて

おきましたので、ぜひじっくり読んでみて下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/perfectmaster/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ