常に「挑戦する癖」をつけておくといいです

人間の一生って、常に選択の連続ですよね。

朝起きて、今日はどの服を着て行こうかなーとか、

今日のランチは何にしようかなーとか、

そんな些細なことから、就職先や結婚相手を

決めるような一大事まで、選択の連続なのです。

 

で、たかが選択、されど選択ということで、

あなたのちょっとした選択が、その後の

人生を信じられない程大きく変えることが

多々あります。

 

実際、今のあなたを取り巻く環境、現状という

のは、全てあなたがこれまでに選択してきた

ことの「結果」です。自分はそんな選択を

したくはなかった…と思っても、全ては後の祭り

なのです。

 

今英語を自由に話せる人、聴き取れる人は、

これまでにそのような選択をしてきたからこそ、

今英語を自由に話せ、聴き取れるというわけです。

 

逆に話せない人、聴き取れない人は、当然ながら

そういう選択をしてきた結果であるということです。

では、一体どんな「選択」をすれば、今後

英語を話せるようになったり、聴き取れるように

なったりするのでしょうか?

 

もちろん、選択というのは人によって異なります

から、一概に「こうしろ」「ああしろ」とは

言えませんが、たった一つアドバイスをすると

すれば、それは必ず「挑戦する」という選択を

選ぶことです。

 

確かに「挑戦する」というのは大変なことです。

A か B を選べと言われた時、人は出来るなら

挑戦したいとは思いません。なるべくラクな道を

選びたいからです。

 

そこで大半の人はラクな選択肢を選びます。

挑戦するか、しないか、という選択であれば、

ほとんどの人は挑戦しないのです。なぜなら、

メンドクサイからです(笑)

 

ただ、挑戦をしない…という選択を続けていると、

確かにその時、その時はラクかも知れませんが、

後々になってとても大きな開き、違いとなって

表れてきます。

 

それが、今英語を話せるか、話せないか、

あるいは聴き取れるか、聴き取れないか、

といった違いです。つまり、今英語を話せる人、

聴き取れる人は、これまでずっと挑戦し続けて

きたということです。

 

そこで、人生にはさまざまな選択の機会が

ありますが、あなたが「これは挑戦だな」と

感じるような選択であれば、迷わずに挑戦を

選ぶようにして下さい。

 

そしてそれを癖にするのです。常に、

「挑戦するか・しないか」の選択があれば、

「よし、挑戦しよう!」という方を選ぶ

習慣をつけるということです。

 

最初は、確かに辛く感じるかも知れません。

なぜなら、挑戦しない方が遥かにラクですから

ね^^ しかし、そこで敢えて挑戦する癖をつける

と、今後あなたの英語力はググーン!とアップ

することを保証します。ガンバッて下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ