あなたは毎日英文を積極的に読んでいますか?

 

よく、日本の英語教育の批判として

「日本人は英語を読むことばかりに力を入れて

きたから、英語を話したり、聴き取ったりする

ことが苦手なんだ!」のように言われることが

あります。

 

まぁ、それも一理あるのですが、英語の習得

本来の効果から言いますと誤った考え方である

とも言えます。

 

第一に、「読むこと」は全ての語学習得の

基本であるからです。読むことが出来て、

初めてその言葉の本質が理解出来るように

なります(これは「書くこと」にも言えます)。

 

さらに、言葉を覚えるためには、当然ながら

単語、語句、そして表現等々を頭に入れる

(インプット)する必要があるわけですが、

この「インプット」を行う上で英語の「読み」

すなわちリーディングは最も効果がある

トレーニングと言えます。

 

よく、英語を読んでばかりいると、英会話

のような話し言葉(口語)の表現を覚えることが

出来ない…という人がいますが、それも

読む英文によって、しっかりと学ぶことが

出来るので no problem です^^

 

例えば、インタビュー記事などは、話し言葉が

そのまま書き起こされているケースが多いので、

まさに口語のボキャブラリーが満載で、非常に

勉強になります。

 

その他、ネット上の投稿文(コメント)や

ツイッター等のつぶやきなども、口語に近い

形で書かれることが多いです。ネイティブ・

スピーカーが使うごく自然な英語表現を学ぶ

ことが出来るのも、この手の英文を読むことの

利点と言えますね。

 

もちろん、もっとオーセンティックに、

正統派の多読トレーニングなども非常に効果の

高い英語学習法の一つと言えます。雨の週末、

しっとりと英語で読書…なんてのもイイかも

知れませんね^^

 

追伸:

どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい!

それから、日曜日にお送りする号外を絶対に

お見逃しなく~!メチャクチャお得なオファーを

企画してますので^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ