英語初心者が初心者レベルを脱する唯一の方法とは?

 

英語の初心者の方からよくメールを頂きます。

「英語の勉強を始めたはいいものの、難し過ぎて

どうしたらいいのか分からなくなってしまった…」

「これから英語を学びたいが、右も左も分からず

何から手を付ければ良いのか全く分からない…」

 

…等々、ただでさえ難しそうな英語の習得は

特に初心者にとって非常にハードルが高いものに

感じられることでしょう。

 

しかし、まず安心して頂きたいのですが、

今どんなに英語が得意な人も、ベテランの通訳者も、

初めは誰もが「初心者」であった…ということです。

最初から英語をベラベラ喋れたなんていう人は

この世に存在しません。

 

そこで重要なことは、いかに「初心者」が

最初のハードルを越えて「脱・初心者」となる

ことが出来るか…という点ですね。

 

前にもメルマガで書いたことがありますが、

もう十年近く「自分は初心者です」と言い続けて

いる方がいらっしゃいます。十年やっていれば、

初心者は有り得ないと思うのですが^^;

その人は「いや~、私なんか本当にダメで…」と

言い続けられているのです。

 

まぁ、その方は謙遜してそう言われているのだと

思いますが、大切なことは「初心者だから仕方ない」

というエクスキューズをずっと続けないことでは

ないかと思います。自分は「初心者だから仕方がない」

というと、どんなことでも何となく許されてしまう

気がしませんか?

 

「この英文、難しくて理解出来ないんだ。

だって、私は初心者だから仕方ないよね…」

 

「この英語音声、早過ぎて聴き取れないんだ。

だって、私は初心者だから仕方ないよね…」

 

「英会話で、ちっとも英語を話せないんだ。

だって、私は初心者だから仕方ないよね…」

 

それでは、前に進めなくなってしまうということ

です。だから、「初心者だから仕方ない」という

受け身のスタンスではなく「初心者だからこそ

頑張ろう」という能動のスタンスに変えるという

ことです。これが「脱・初心者」の第一歩^^

 

「この英文、難しくて理解出来ないんだ。でも、

初心者だからこそ頑張って読めるようになろう」

 

「この英語音声、早過ぎて聴き取れないんだ。でも、

初心者だからこそ頑張って聴き取れるようになろう」

 

「英会話で、ちっとも英語を話せないんだ。でも、

初心者だからこそ頑張って話せるようになろう」

 

このような考え方・姿勢の違いがお分かり頂ける

でしょうか?そして、そのような考え方にシフト

することが出来たら、あなたはもう初心者の域を

脱しているということなのです。頑張りましょう!

 

追伸:

今週末~来週初めに、この夏の新しい企画の

ご案内をお送り出来るかと思います。

今回は特に「初心者~中級者」を限定対象とした、

12ヶ月間の新教本と新講座が完全セットになった

「渡邉の本気モード」新教材(コース)です^^

 

一から英語をしっかりと学びたい方、これまでの

あなたの英語力の「穴」を完璧に塞ぎたい方に

ピッタリのパーフェクト・マスター・コース。

乞う、ご期待!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ