あなたの英語力、穴だらけではありませんか?

 

ちょっと変な例えですが、

英語の習得というのは、英語力という

「袋」を大きく成長させるようなものです。

 

最初は、その袋はとっても小さいのですが、

あなたが毎日、英語の語句や表現を覚え、

文法を学んだり、リスニングの練習をしたり

するにつれ、徐々に大きな袋になってきます。

 

順調にいけば、早い人で数ヶ月~半年もすれば

十分に英語を話したり聴き取ったり出来る

大きさの「英語力の袋」になるのですが、

この袋がなかなか大きくならない人がたくさん

います。

 

その原因は、袋に開いたたくさんの「穴」です。

例えば、単語を覚えたとして、しばらく経つと

忘れてしまいますよね。他にも、英文法の

勉強をしても、しばらく経つと忘れてしまう…。

 

そんな感じで、勉強やトレーニングを続けて

いても、実際には全ての知識が身につくわけ

ではなく、時間と共にポロポロとこぼれて

しまうのです。それは、英語力の袋の穴が

原因と言えます。

 

英語の習得に成功した人は、この英語力の袋

に穴が開いていません。いえ、より正確に

言えば穴は開くのですが、すぐに穴をふさぐ

努力を怠らないので、結果として袋がどんどん

大きくなるわけです。

 

例えば英会話の時、何か英語で言いたかった

ことがうまく言えないという時がありますね。

そんなのはまさに「穴」が原因なのですが、

多くの人は穴が開いていても塞ごうとせずに、

そのまま放置してしまいます。

 

一方で、英語を話せるようになる人というのは

そんな「穴」に気付いたら、すぐに塞ごうと

するのです。具体的に言えば、英会話の時に

言えなかったことを、家に帰ってからしっかりと

復習して、英語で言えるようにしておきます。

 

リスニングにおいても同じことが言えます。

聴き取れなかった英語があれば、そのままに

しておかずにきちんと調べて、何故聴き取れ

なかったのか原因を分析し、知らなかった語句

や表現はしっかりと復習して身につけます。

これが、「穴」をふさぐということ。

 

一つ一つの穴をふさぐのは、とても地道な

努力と言えますが、穴をふさいでおけば、

その分「英語力の袋」はどんどん膨らみます。

これが出来るか、出来ないかが、長い間に

大きな差となって表れるということですね。

 

この夏、新しく「ちょっとした本格的な」

英語習得コースが誕生しますが、ここでの

コンセプトはあなたの英語力の袋の「穴」を

徹底的にふさぐということです。

 

一から英語を学びたい初心者、そして

徹底的に英語を復習したい中級者を限定対象

としたスペシャル・プログラムへのご招待…

ご期待下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ