英語習得の秘訣は「自分を責めないこと」です

最近、メルマガの読者から「自責」の

メールがよく届きます。自責のメールとは、

自分を責めている内容のメールのこと。

 

確かに、英語を話せるようにならないのは

自分がきちんと勉強しないからだ…という

自責思考は必要です。他人のせいにせず、

自分主体で挑戦していく姿勢は大事だからです。

 

しかし、その自責思考が行き過ぎると、

今度はあまり良いことがありません。

何でもかんでも、自分が悪い、自分なんて

ダメだ、最低だ…と思うようになると

セルフイメージが低下するからですね。

 

例えば、メール講座が溜まってしまって、

私からのメールが届くたびに憂鬱な気分に

なるんです…なんて方もいるようですが^^;

そうなるともう完全に悪影響しかありません。

 

思い出して欲しいのは、あなたが一番初めに

「英語を話せるようになりたい!」と

思われた時のあなたの気持ち(初心)です。

 

おそらくは海外旅行とか、洋画を観た時とか、

「ああ、英語を自由に話せたらいいな!」

「ああ、英語を聴き取れたら楽しいだろうな!」

と、ワクワクされたことかと思います^^

 

その気持ちが、実は一番重要なんです。

しかし、多くの英語学習者は、毎日毎日

英語の学習を続けているうちに何となく

退屈に感じてしまったり、或いはなかなか

思うように英語力が伸びずにモチベーションが

低下してしまったりするわけです。

 

そんな時にちょっとでも落ち込んだりすると、

「ああ、今日も英語の勉強をサボってしまった」

とか「ああ、いくら勉強してもちっとも上達

しない…」「自分はやっぱりダメなんだ…」

なんて感じで自分を責めてしまいがちですね。

 

もちろん、冒頭で話したように、そんな

自責の念があるからこそ「頑張ろう!」と

なることもありますが、あまりに過剰になると

自責の念に押し潰されてしまい、英語の勉強

どころではなくなってしまう恐れがあります。

 

これはもうバランスの問題なのですが、

自分のことを責めるのはちょっとだけにして、

あとは初心を思い出し、なぜ英語を話せるように

なりたいと思ったのか、当時のワクワク感や

気分の高揚感を再び考えるようにしてみて

下さい。

 

自分を責め過ぎても何もいいことはありません。

英語の勉強が続かなくったっていいじゃない

ですか。また、明日から新たに始めれば^^

人生、毎日毎日がスタートラインです。いつでも

やり直していいんです。

 

だから、ぜひ楽しみながら、ワクワクしながら

英語を学び続けましょう!笑いながら勉強する

のが一番です。今週も一週間、頑張りましょうね^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ