チャラくてもいいんです、英語習得の目的は…

 

面白いメールを頂きました。

これから英語の勉強を始めます!という

一大決心のメールだったのですが、

「僕は英語を話せるようになって

女の子にモテるようになりたいんです!」

という学生さんからの熱いメッセージです^^

 

ただ、メールの最後に「こんなチャラい

目的でもいいんでしょうか」なんて書いて

あったので、思わず笑ってしまいました。

 

いえ、いいんですよ!そういう目的が、

実は一番大事なのです。実際、私の場合も

英語を話せるようになりたい!と思う心の裏に

「たくさんの女の子にモテるようになりたい!」

という下心があったのですから^^

 

これ、いつも言っていることですが、

人間の目的とかって、口ではカッコいいこと

いくらでも言えますが、その真の目的を

よくよく考えてみるとかなりエゴイスティック

なものが多いんです。これは誰もがそう。

 

政治家が、口ではカッコいいこと言いますね。

しかし、本当の本当に、自分のことを

投げ捨てて社会の為に!なんて言えるのか、

甚だ疑問でもあります。いや、もちろん、

中には本心からそう思われている、崇高な

理念をお持ちの政治家もいるはずです。

 

しかし、私自身は、人の目標とか目的って、

心の深い所では相当「利己的」なのでは

ないかなと思っています。そして、それは

決して悪いことでも、恥ずかしいことでも、

卑下するようなことでもないと思うのです。

 

英語を話せるようになりたい…!

なぜなら、英語を話せたらカッコいいし、

人から「すごい!」って思われるだろうし…。

そうすれば、学校でもモテるし、会社でも

一目置かれるかも知れない。就職にも転職にも

有利かも知れない…。

 

そんな感じの、ちょっとミーハーな願望でも

いいじゃないですか。それは決して間違った

目的・願望ではありません。何も英語を話せる

ようになって世界の人々のために尽くすんだ…とか、

大袈裟な目標を持たなくても良いのです。

 

そういう意味でも、このメールを下さった

学生さんは本当に素直でいいなぁと思いましたよ^^

英語を話せるようになりたい!という純粋な

気持ちさえあれば、崇高な、建て前ばかりの

理念は必要ないのです。

 

この学生さんはきっと近いうちに英語ペラペラ

になって女の子にモテまくることでしょう(笑)

その日を目指して、純粋な気持ちで頑張って

頂ければと思います^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ