あなたは英語の「間違い・失敗」を放置していませんか?

英語の勉強をしていると、色々な

「間違い」や「失敗」をするものですね。

これは誰であってもそうなのです。

 

当然、TOEIC や英検といった英語の試験は

あの手この手を使って受験者を惑わし、

間違った解答をするように罠を仕掛けます。

何故なら、全員が満点を取ったら試験に

ならないからです^^;

 

英会話においても、パーフェクトで英語を

話せることなんてまず無いと思った方が

良いでしょう。それは、既に英語を話せる

人でも同じこと、私だって毎日、間違い・

失敗の連続です。

 

まぁ、こんなのは少なくともノン・ネイティブ

スピーカーである日本人の英語学習者が

英語と関わるのであれば、常に「間違い」や

「失敗」は付き物というわけです。

 

で、そんな英語の「間違い」や「失敗」ですが、

間違えた時や失敗した時はとてもイヤな気持ちに

なりますよね。試験で間違えるのもイヤですし、

英会話で失敗するのも恥ずかしいものです。

 

したがって、多くの英語学習は「間違い」や

「失敗」をすると、なるべくそのことには

触れず、そっと放置しておきたくなるのです。

出来れば、目を背けておきたいというわけです^^;

 

しかし、その「放置」という行為が、

「間違い」や「失敗」をさらに無駄な痛みに

変えてしまう悪魔の行為であることに

お気づきでしょうか?

 

そもそも「間違い」や「失敗」というものは

英語の神様があなたに贈って下さった

貴重な「レベルアップのきっかけ」なのです。

 

なぜなら、間違いや失敗にきちんと目を向け、

放置せずにしっかりと復習すれば、それらは

即あなたの英語力となり、身につくものだから

です。

 

そこで、試験や英会話などにおいて、

あなたが「失敗したな~」とか「間違えた!」と

恥ずかしく感じる時こそ、それらにしっかりと

目を向け、決して放置しないようにして下さい。

 

具体的に言えば、試験で間違えた箇所は必ず

復習する(解けなかった問題も必ず確認)、

英会話で言えなかった英語表現は必ず家に帰って

から、辞書で確認してみること…です。

 

そんなちょっとした習慣が身につけば、

あなたは自分の「間違い」や「失敗」が

実は宝の山であったことに気づくでしょう^^

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」にならないよう

気をつけて下さい!

 

追伸:

というわけで、洋画・海外ドラマを使った

楽しい英語講座、ぜひこの機会に参加を

お待ちしています!私の解説動画も見てね^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newmovie_drama_sm15/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ