英語は実際やってみなきゃ分からないことが多いです

日本人は物事に慎重な性格の人が多いですが、

どんなことでも、いつまでも慎重でいると

なかなか先に進めないものです。

 

例えば英会話なんかでも、

「こんなこと言って笑われたらどうしよう?」

「こんな時には英語で何て言えばいいんだろう?」

「他にもっと適切な表現があるのではないか?」

…のように、頭の中で色々と考え続けてしまい、

結局英語が口からなかなか出てこない…という

人がとても多いのです。

 

そんな慎重派の方に言いたいのは、

「間違えてもいいから、とにかく喋ってみて」

ということです。最初は失敗してもいいから、

とにかく初めのひと言を口に出してみることが

何よりも大事と言えます。

 

事実、私自身も昔は英語をまったく話すことが

出来ませんでした。まさに今英語を話せない人と

同様に「こんなこと言って笑われたらどうしよう?」

なんて、常にビクビクしていたものです^^

 

しかし、いつまでも頭の中で考え続けていても

英語は上達しません。空想はほどほどにして、

ある程度の準備が出来たら、思い切って実際に

英語を話してみて下さい。

 

もちろん、最初のうちはたくさん間違えます。

失敗の連続で、当然ながら恥ずかしい思いも

たくさんします。しかし、そのような失敗や

恥ずかしい思いが、本当の意味での「勉強」

ということですね^^ 失敗は「勲章」なのです。

 

何でもいいから、とにかくチャレンジしてみて、

失敗したら、そこで正せば良いじゃないですか。

逆に言えば、チャレンジして失敗しない限り、

自分の間違いを正すことは出来ないとも言えます。

これは英語であっても何であってもそうです。

 

他人が言っていることも気になりますが、

最終的には、自分が実際にやってみて

(実際に挑戦してみて)、失敗や成功を体験し、

そのプロセスで本当の「力」が身につくということ

ですね。

 

何もやらずに愚痴ばかり、教材や講師の悪口ばかり

では、身につくものも身につきません。ぜひ、

勇気を出して自ら積極的に挑戦し続けて下さい^^

自分で実際にやってみた人だけに、成功の神は

微笑むことでしょう。

 

 

追伸:

というわけで、英語圏の英語学習サイトを

使った学習に興味があるけれど、なかなか

重い腰が上がらない(怖い・面倒臭い…etc)

という方!ぜひ、挑戦してみて下さい^^

残り5名のみ、明日が募集最終締切です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/newesl_sp15/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ